現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ GSX-S750 に2019年型、パワーを35kWに抑えた新仕様を追加…EICMA 2018

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.15

スズキ GSX-S750 に2019年型、パワーを35kWに抑えた新仕様を追加…EICMA 2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『GSX-S750』(Suzuki GSX-S750)の2019年モデルを発表した。

GSX-S750は、スズキのストリートスポーツネイキッドモデルだ。排気量749ccの水冷並列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。欧州仕様の場合、最大出力114hp/10500rpmを引き出す。

    スズキ クロスビーは国民車目線でも単なる道具に納まらない実用小型車

EICMA 2018で発表されたGSX-S750の2019年モデルには、最大出力を35kW(48hp)に抑えた新バージョンを追加設定した。これは、欧州の二輪車の免許制度における「A2ライセンス」に対応した新グレードとなる。A2ライセンスでライディングできるのは、最大出力が35kWまでのバイクという制限がある。

この他、2019年モデルには、『GSX-S1000』譲りのデジタルメーター装着車をラインナップした。さらに、電子制御のトラクションコントロールシステムは3段階の切り替え式で、システムをカットオフすることも可能にしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します