現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW R1250 シリーズ新型、新開発ボクサーエンジン搭載…EICMA 2018[訂正]

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.12

BMW R1250 シリーズ新型、新開発ボクサーエンジン搭載…EICMA 2018[訂正]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWグループの二輪部門、BMWモトラッド(BMW Motorrad)は「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、新型BMW『R1250』(BMW R 1250)シリーズをワールドプレミアした。

BMWが新型R1250シリーズとして発表したのは、『R1250R』、『R1250RS』、『R1250GS アドベンチャー』の3モデルだ。BMWモトラッドが新開発した水平対向(ボクサー)2気筒ガソリンエンジンを搭載する。

    “日本向け”新型BMW 3シリーズのアピールポイントは「走り」じゃなかった

新型水平対向2気筒ガソリンエンジンは、排気量を従来の1170ccから1254ccに拡大した。さらに、「シフトカム」テクノロジーを導入する。シフトカムは、吸気側のバルブタイミングとバルブストロークを変化させるもの。吸気側のカムシャフトは、2つの吸気バルブが非同期で開く設計とし、燃焼性能を高めている。

これにより、新型水平対向2気筒ガソリンエンジンは、最大出力136hp/7750rpm、最大トルク14.6kgm/6250rpmを獲得した。従来の125hp、12.7kgmに対して、11hp、1.9kgmの強化を果たす。

新型BMW R1250シリーズには、6.5インチのフルカラーTFTディスプレイを標準装備した。この多機能メータークラスターによって、コネクティビティを追求した、としている。

[訂正]当初、エンジン気筒数を「4気筒」としましたが、「2気筒」の間違いでした。おわびして訂正します。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します