現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 豊田合成、ベンチャー投資専門組織設立へ 次世代自動車部品などの実用化を加速

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.12

豊田合成、ベンチャー投資専門組織設立へ 次世代自動車部品などの実用化を加速

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田合成は、新技術・新製品の実用化に向け、スタートアップ企業などに機動的に投資する専門部署「ベンチャー投資企画室」を2019年1月に新設すると発表した。

豊田合成は2018年5月に策定した中長期経営計画(2025事業計画)における活動の柱の1つに「イノベーション・新モビリティへの挑戦」を掲げ、ロボットなどに用いる次世代の人工筋肉「e-Rubber」や、自動運転車において人とクルマの橋渡しとなるHMI機能を付加した「モジュール製品」などの開発を進めている。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

新設するベンチャー投資企画室は、その実用化に向けて、同社のコア技術とのシナジーが期待できるスタートアップ企業への投資を速やかに行う。投資対象は、ロボティクス、半導体、次世代自動車部品、素材の4分野に関連した経営資源・技術力などを持つスタートアップ企業など。運用規模は30億円、期間は2019年1月から2年間を予定している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します