現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > テスラ モデル3、展示車は航続310マイル…日本仕様は未定

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.11

テスラ モデル3、展示車は航続310マイル…日本仕様は未定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのEVメーカー、テスラモーターズの日本法人、テスラジャパンは8日、同社(Tesla Model 3)のプレミアムDセグメントセダン『モデル3』を日本初公開した。

モデル3にはEPA(米国環境保護局)基準での航続距離418km(260マイル)の「ミッドレンジバッテリー」、同498km(310マイル)の「ロングレンジバッテリー」、ロングレンジバッテリーと同じ航続距離で加速力を高めた「パフォーマンスバッテリー」の3グレードがあるが、この日公開されたのはロングレンジバッテリー。

    テスラ・モデル3の自動運転は優秀だがクルマの品質はまだまだだ

テスラ車の売りのひとつは加速力だが、ロングレンジバッテリーモデルの0-60mph(0-96km/h)は4.5秒。パフォーマンスバッテリーの同3.3秒には後れを取るものの、今日市販されているハイパワースポーツと比較しても相当速い部類に入る。バッテリー総容量やシステム電圧など細かいスペックは本国でも非公表だが、EPA基準で310マイルというレンジは日産自動車の現行『リーフ』の151マイル(243km)の2倍強に相当する数値であることから、80kWh程度は積んでいそうだ。

日本ではまだ型式指定を受けておらず、価格等も未定。ちなみにロングレンジバッテリーモデルの米国価格は5万3000ドル。1ドル=113円で日本円に換算すると598万9000円。そこに消費税10%を乗せたとして658万7900円に相当する。実際の売価は698万円といったところであろうか。ちなみに展示モデルより下位のミッドレンジバッテリーは0-60mph加速が5.6秒に落ちるが、価格は4万6000ドルと7000ドル安い。

日本のセールスの責任者である吉田篤司氏は、「モデル3はとても未来的で合理的なクルマ。全長4694mm、全幅1849mmのボディサイズは日本の道路での使用でも不自由はあまり感じないことでしょう」と、日本市場でのテスラ車の大幅増販に自信を見せた。発売は2019年の第3クォーター、すなわち7月以降とのことだが、プレビューを積極的に行うそうで、今後モデル3の姿を見かける機会が増えそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 井元康一郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します