現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【くるま問答】ハイブリッドカーに救援要請しちゃダメ? バッテリー上がりで注意すべき、HVの電気系統

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.11

【くるま問答】ハイブリッドカーに救援要請しちゃダメ? バッテリー上がりで注意すべき、HVの電気系統

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ発生するかわからないクルマのバッテリー上がり。では、複数のバッテリーを搭載するハイブリッドカーは電力不足に陥りにくいのか、モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏に聞いてみた。

徐々に放電する現象はハイブリッドカーでも同じ

ハイブリッドカー(HV)には、通常のガソリンエンジン搭載車両よりも容量の大きなバッテリーが搭載されている。そのため「HVはバッテリー上がりしにくいのでは?」と思う人も多いだろう。しかし、実際のところHVもバッテリー上がりで動かなくなることはある。

そもそも、HVには2種類のバッテリーが搭載されている。

まずひとつが、タイヤを駆動するために必要な大容量&高電圧な「駆動用バッテリー」で、もうひとつが、ガソリン車同様の電気系統に採用されている12Vの「補機用バッテリー」だ。

鉛を使ったこの補機用バッテリー、イグニッションオフの状態でも徐々に放電していることはよく知られているが、この現象はHVであっても同じ。そのため、長期間放置すると、ガソリン車と同様に補機用バッテリーが上がってしまうのだ。

走行中であれば、駆動用バッテリーから補機用バッテリーへ電力が供給されるが、駐車中は対象外である。でもご安心を。補機用バッテリー上がりであれば、他車からの救援によるジャンプスタートが可能なのだ。

ただし、覚えておかなくてはならないことは「HVは救援を受けられるが、他車を助けられない」ということ。これは、ガソリン車とHVでは電気系統が違うためで、他車を助けるときに一瞬流れる大電力に12Vの電気回路が耐えられないからだ。

また、徐々に放電される現象は、高電圧の駆動用バッテリーでも同様に起こっている。あまりに長時間放置していると、上がってしまう可能性がある。

トヨタ プリウスの取り扱い説明書には「駆動用電池の充電について」という注意書きに「車両を長時間放置すると、少しずつ放電します。そのため少なくとも、2~3カ月に一度、約30分間または16kmほど運転してください」とある。“HVの電池は大きいから”と過信しないようにしよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • air*****|2018/11/11 13:40

    違反報告

    HVは救援を受けられるが、他車を助けられない」と、書いておりますが、30のプリウスで他車を救援したことがありますよ。やり方は、補機バッテリーに直接ブースターケーブルを接続して他車のバッテリーに接続する。救援車がでかいバッテリーを積んでいるなら難しいでしょうが、小型車とかであれば、問題なく始動させられましたが…。
    「他車を助けるときに一瞬流れる大電力に12Vの電気回路が耐えられないからだ。」とは、何を意味するのかわからないのですが?HV車が助ける側なので、補機バッテリーから一時的に電流が救援車に流れはしますが、だからといって、12Vの回路が破壊されるほどの大電流が流れはしないはすなのですが?走行用に貯めているリチウム電池の電流が流れるといいたいのでしょうか?もし、そんなのが流れたら、走行中に補機バッテリーが破裂すると思いますが…。メーカーに確認をとってみたのでしょうか?
  • okk*****|2018/11/11 14:27

    違反報告

    てかさ、何でジャーナリストに聞くの?

    普通、メーカーに聞くとかバッテリーの専門家に聞くとかしないの?

  • rkx*****|2018/11/11 14:03

    違反報告

    「少なくても2~3ヶ月に一度・・」
    そんな長期間放で置乗らんなら
    車自体所有せんでええやろ?
    カーシェアリングでじゅうぶん

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します