現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル フォレスターが日本カー・オブ・ザ・イヤー「10ベストカー」の受賞を辞退。最終選考は9台で争うことに

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.9
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月9日、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、株式会社SUBARUが「スバル フォレスター」の10ベストカーの受賞を辞退することを発表しました。

辞退の理由は「当社群馬製作所における完成検査に関わる不適切事案」のためと説明しています。

この辞退により、「スバル フォレスター」は11月20日の10ベストカー試乗会を欠席、最終選考の対象にならないことになります。

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーは9台によって争われることになります。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン