現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ピヨ! カッコー」安全合図のメロディ音 「音響信号」の音色種類や改善点とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.9

「ピヨ! カッコー」安全合図のメロディ音 「音響信号」の音色種類や改善点とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■音が流れる信号機の正体とは

 横断歩道を渡る際、「カッコー! カッコー!」や「ピヨピヨ」という音を発する信号機が設置されていることがあります。この音の正体は、「視覚障害者用付加装置」という歩行者用信号機が青であることを視覚障害者に知らせるためのものです。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 音響信号の設置場所は、視覚障害者の利用頻度が高い、盲学校、リハビリテーションセンター、役所などの公共施設を含む地域に優先的に設置されています。

 設置がはじまった当初は、さまざまな音の種類が存在したといいます。しかし、利用者から全国的に統一してほしいとの要望がなされ、1975年(昭和50年)に学識経験者、視覚障害者団体、警察庁、厚生省などからなる委員会を設置し検討が行われ、アンケート調査なども行った結果、メロディ2種類(通りゃんせ、故郷の空)と擬音式(ピヨピヨ、カッコー)が選定されました。 

 2017年3月現在、歩行者用信号の青時間帯に音を出して横断歩行者に知らせる音響信号(視覚障害者用付加装置)は、全国で約19500基(メロディ式約340基、擬音式約19100基)設置され約98%が擬音式です。(警察庁調べ)

 また、歩行者青信号の開始をチャイムなどで横断歩行者に知らせる音響信号(音響式歩行者誘導付加装置)は、全国で約3400基が設置されています。

 警察庁は今後の音響信号について、「道路横断時の方向性がより明確で、誘導性も高い、擬音式の異種鳴き交わし方式(目の不自由な方をより安全に誘導するために、交差点の対岸で違う種類の音を鳴らす方式)の整備を進める」旨の通達を2003年出しています。

 では、実際に音響信号を必要とする利用者には、場所による音の違いなどで不安な面はないのでしょうか。視覚障害者福祉の向上などの活動を行なっている日本盲人連合は、「昔から『カッコー』や『ピヨピヨ』という鳥の声の擬音、『通りゃんせ』や『故郷の空』などは一般常識として浸透していました。いまでも東京都内の一部で音楽式が残っていたりもします。

 そのため、設置場所による音の違いに関する不安などの声はありません。また、日本の点字パネルや音響信号は諸外国に比べて進んでいると言われ、海外からも注目されています」と言います。

■音響信号のこれまでとこれからの改善点

 前出の日本盲人連合は、音響信号への改善点などについて、「警察庁は、スピーカー位置を高さ約3.3mと定めています。しかし、利用者からは『音源の位置が高すぎて方向が取りにくい』という声があり、利用者が横断歩道を安全に渡ることや近隣住民への配慮のためにも、スピーカーの高さや指向性については開発が進むことが望まれます」と話します。

 目の不自由な人にとって安全補助の役割を担う音響信号機の製造状況はどうなっているのでしょうか。

 信号機メーカーの日本信号株式会社は、「いつごろから製造されているかという歴史的な背景は資料がないため不明です。しかし、信号機の製造や設置に関するルール『警交仕規』では、1976年(昭和51年)に『警交仕規第21号・視覚障害者用交通信号付加装置仕様書』が発行されており、当社では当時大阪工場で設計・製造・販売している記録が残っています。

 製造する音の種類については、警察庁からの通達(擬音式に置き換える)もあり、擬音式に置き換わりつつあります。製品割合では、95%程度が擬音式、残りがメロディ式となります。

 また、指向性のスピーカーについては、当社製品には取り扱いがありません。しかし、世間では指向性の強いスピーカーを取り扱うメーカーがあり、駅などで採用されているようです」と話します。

※ ※ ※ 

 視覚障害者をはじめとする利用者が安全に横断歩道を渡るためにも、周囲の人や交通強者(クルマ側)が配慮をすることは、重要な要素です。街中で聞こえる鳥の擬声やメロディ音を聞いたら、周辺に音響信号を利用する人がいる可能性があることを覚えておきましょう。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hag*****|2018/11/09 10:58

    違反報告

    むかし市内に音響信号が設置されたときは、東西方向は〇〇、南北方向は△△と2曲を使い分けていたが、こういうことは周知させることが大切だし、場所によって曲の使い方が違ったら事故のもとだよなと思った。
  • hag*****|2018/11/09 11:01

    違反報告

    音響信号は賑やかなところに多いが、盲人によると「そういうところは周囲の人の気配で青になったのが判る。むしろ、他に横断者がいないようなところに設置してほしい」そうだよ
  • hap*****|2018/11/09 11:31

    違反報告

    4パターンあったと思うピョピョとピヨピピピヨ
    カッコー!カッコー!とカッコー!カカカッコー!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します