現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキの人気軽SUVハスラー!「遊べる軽」ってどういうこと?

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.8

スズキの人気軽SUVハスラー!「遊べる軽」ってどういうこと?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポップでキュートな軽自動車として、大ヒットしているスズキの「ハスラー」。軽トールワゴンとSUVの要素を兼ね備え、それまでなかった新ジャンルのクルマとして企画されました。2014年の登場から約4年、いまなお注目のスズキ ハスラーの魅力についてみていきましょう。

ユーザーの声から生まれたハスラー

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

以前スズキには、セダンとSUVをクロスオーバーした「Kei」というモデルがラインナップされていました。Keiは、大径のタイヤを装着し、地上高を確保していたことが特徴で、1998年から2009年まで販売されていました。
その後継モデルの登場を願うユーザーの声を、スズキの鈴木修社長が聞いたことがキッカケとなり、軽自動車のクロスオーバーのカテゴリーに、アウトドアやスポーツなどのレジャー好きをターゲットにして開発を進めたモデルが「ハスラー」です。
最大の特徴は、14パータンもあるカラーバリエーションです。なかでも、フェニックスレッドパール×ブラック、パッションオレンジ×ホワイト、アクティブイエロー×ブラック、サマーブルーメタリック×ホワイトといった2トーンカラーが人気。
加えて、ラインストライプ、チェッカー&ストライプ、チェッカー、マルチカラー、カモフラージュ、カラーアクセントストライプなどのデカールで、ボディを個性的にアレンジできます。

「遊べる軽」ってどういうこと?

ハスラーのインテリアはカラーパネルなど、遊び心満載のデザイン、カラーとなっています。
また、テーブルにもなる助手席前のインパネボックス、前方に倒すとテーブルとしても使える助手席のシートバックは、停車中に重宝する装備。助手席シートの下や運転席のアームレストには、収納スペースが確保されています。
助手席と後部シートを倒せば、サーフボードを積みこむことができるほか、セカンドシートのシートバックは樹脂素材を使ったラゲッジフロアで、拭き掃除が可能です。
これからの季節は、シートヒーターの標準装備や、地上高が確保されているため、わだち路面での走行にも強く、グリップコントロールで凍結路面での発進もサポートしてくれます。※シートヒーターやグリップコントロールは、一部装備のないモデルがあります。
さらに純正アクセサリーのプライバシーシェードを取り付ければ、フルフラットになるシートで車中泊も快適にできたり、カーテン&タープキットを雨よけに利用したりと、アウトドアを楽しむ要素がたっぷり用意されています。
その他にも
・6.2インチのバックモニターで安心駐車
・Bluetoothでハンズフリー通話
・ヒルホールドコントロールで坂道発進時の後退防止
・ヒルディセントコントロールで下り坂の一定速度維持
・自動ライトでトンネル続きでもラクラク走行
・レーダーブレーキサポートにより、前方車両への追突回避
・急ブレーキで自動ハザードランプが高速点滅
・ESP(車両走行安定補助システム)でコーナーでの横滑りを抑制
・グリップコントロールで発進時のスリップを抑制
・ABSで急ブレーキ時にタイヤがロックするのを抑制
など安全装備も充実しています。


キュートなデザイン、便利な機能、手入れもかんたんで使い勝手が良い装備で、アウトドアファンに限らず、おしゃれにこだわる人まで幅広く支持されているハスラー。
気になる車両価格は1,485,000円~1,705,320円。軽自動車による税金面のメリットを含めると、魅力的な一台です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します