現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW「M」が二輪に拡大展開、新型 S1000RR 用パーツを発表…EICMA 2018

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.8

BMW「M」が二輪に拡大展開、新型 S1000RR 用パーツを発表…EICMA 2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWグループの二輪部門、BMWモトラッド(BMW Motorrad)は11月6日、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、ブランド初の「Mパフォーマンスパーツ」と「Mパッケージ」を初公開した。

Mパフォーマンスパーツは、BMWの純正用品の新シリーズだ。BMWの子会社で『M3セダン』や『M4クーペ』などの開発・生産を手がけるBMW M社が、BMW主力車のスポーツ性能を引き上げる目的で用意したアイテム群を指す。すでに、『5シリーズ』、『6シリーズ』、『1シリーズ』やSUVなど、BMWの主力四輪車の多くの車種に、Mパフォーマンスパーツが設定されている。

    新型BMW Z4はトヨタコラボの突然変異。スープラと2択も悩ましい!?

今回BMWグループは、二輪部門のBMWモトラッドに、このMパフォーマンスパーツを拡大展開すると発表した。EICMA 2018では、BMWモトラッドブランド初のMパフォーマンスパーツとMパッケージが初公開されている。

まずは、同じくEICMA 2018でデビューした新型BMW『S1000 RR』に、MオプションとしてMパッケージを設定した。モータースポーツ仕様の塗装をはじめ、Mカーボンファイバーホイール、M軽量バッテリー、Mシャシーキット、Mスポーツシートなどが用意されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • am_*****|2018/11/08 16:22

    違反報告

    HighPerformanceからMへ。
    ブランドとしてもクオリティの面でもすでに完成されているMがとうとうモトラッドにも参入してくるなんて。ただでさえ今回のフルモデルチェンジで逆回転クランクシャフトやシフトカムなどの装備を手に入れているのに。
    これ以上何を望むというんだ。汚い、汚いぞ。それがあなたのやり方か。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します