現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今なら手が届く!? 中古車だから買える“高嶺の花”車 5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.8

今なら手が届く!? 中古車だから買える“高嶺の花”車 5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  中古車の醍醐味は、新車では手の届かなかった夢のクルマを、割安な価格で手に入れられること。

 最近では、日産 スカイラインGT-Rなど、中古車相場が値上がりしている車種もあるが、これはあくまでもレアなケース。多くのクルマは新車よりもリーズナブルな価格で中古車を手に入れることができる。

    なぜこんなに安いのか? 現行型激安中古車の不思議!

 本稿で紹介する5車は、どれも新車時は“高嶺の花”だったものの、いま中古車としてそのハードルがグンと下がったモデル。なかには、GT-Rのように現役モデルながら初期モデルは大幅に手頃となっているスポーツモデルもある。

 今回は、中古車検索における最安値物件の価格で100万以下、100万~200万円、200万~300万円、300万~400万円と価格帯で分類して紹介したい。

文:萩原文博


写真:編集部、HONDA、TOYOTA、BMW

先代センチュリーは100万円未満の中古車も!

 まず、最安値物件が100万円以下で購入できる憧れのクルマは、日本の匠の技が結集したショーファードリブン、トヨタ センチュリーだ。

 2代目となる先代のセンチュリーは1997年4月に登場。国産の市販車で初めてV型12気筒エンジンを搭載。このエンジンは左右のVバンクを独立して制御するため、片バンクにトラブルが発生しても、走行可能というスグレモノだった。

 販売開始当時の新車時価格は925万~987万円だった先代センチュリーだが、現在中古車は118台流通しており、価格帯はモデルサイクルが長いこともあって25万~795万円と非常に幅広い。法人(会社)所有のクルマが多いため、走行距離20万km以上という物件も多いのが特徴だ。

 一見すると、その走行距離の多さに驚いてしまうかもしれないが、法人所有車はメンテナンスが行き届いているケースが多い。定期点検記録簿にしっかりとこれまでのメンテナンスの履歴が残っているならば、買いだ。

 現在、最も安く手に入れられるV12エンジン搭載車として、独特の乗り味は体験しておきたい。

[usedcar-search carname="センチュリー" limit="2"]

フェアレディZは現行型のAT車が格安!

 続いては最安値物件が115万円まで値落ちしている、現行型日産フェアレディZだ。

 6代目となる現行型 Z34型フェアレディZは2008年12月に登場。現在はクーペのみとなっているが、2009年10月~2014年9月までは電動開閉式ソフトトップを採用したオープンも設定されていた。

 ロングノーズショートデッキというクラシカルなスタイルを採用し、3.7L・V型6気筒自然吸気エンジンを搭載したFRスポーツカー。デビュー当時の新車価格は362万2500円~446万2500円だった。その後ハイパフォーマンスモデルの「NISMO」が追加されるなどバリエーションが拡充されている。

 現在、クーペモデルの中古車は195台流通し、価格帯は115万~499万円となっている。中古車物件の平均走行距離は4.7万kmで、直近3カ月の平均価格の動きを見てみると、3カ月前の209万円から現在は215万円とわずかに値上がり傾向。

 100万~200万円の価格帯の物件は84台で、グレードはスタンダードが最も多く、続いて最上級グレードの「バージョンST」が多い。

 走行距離はMT車のほうが延びているが、AT車ならばこの価格帯でも1万km台という物件も見つかる。この価格帯で現行型Zを手に入れるなら、AT車を狙うのがベターだ。

◆フェアレディZの中古車情報

新車は“高根の花” BMW M3も最安は300万円以下

  最安値物件が200万~300万円台で手に入れたい憧れのクルマは先代E92型のBMW M3クーペだ。先代M3クーペは2007年~2013年11月まで販売された。

 最高出力420psを発生する4L・V8エンジンを搭載。ボディはカーボンファイバーをはじめアルミニウムなど最先端の素材を採用することで、サイズは大型化したが、車両重量を抑えることで高いパフォーマンスを発揮する。

 デビュー当時の新車価格は996万円だったが、現在中古車の価格帯は237.6万~678万円となっている。中古車の流通台数は48台で、平均価格は406万円で直近3カ月間はほぼ横這いで推移。

 300万円以下で購入できるM3はわずか4台。トランミッションはMT車3台、DCT車1台となっている。走行距離は全車10万kmオーバーとなっているが、年式は2007年~2009年ということを考慮するとキチンと乗られているクルマばかりだ。

 したがって、どのように使われていたのかそしてどのようなメンテナンスを行っているのかが重要なポイントとなる。その高いパフォーマンスは色あせておらず、この価格で手に入れられれば満足度は抜群だ。

◆BMW M3の中古車情報

日本初のスーパーカー、初代NSXも中古なら手頃に

  そして、最安値物件が300万~400万円で手に入れられる憧れのクルマは、初代ホンダ NSXだ。初代NSXは1990年9月に登場。

 当時量産車として世界初となるアルミモノコックをはじめ、ホンダの技術を結集したミッドシップスポーツカー。運転席後方に横置きされる3L・V型6気筒エンジンはMT車が280ps、AT車が260psを発生した。

 その後、軽量化を施した「タイプR」やタルガトップを採用した「タイプT」などモデルラインアップが多彩となった。

 初代NSXのデビュー当時の価格は800万3000円~860万3000だった。そして現在の中古車の価格帯は345.9万~2160万円とかなり幅広い。

 また、流通台数は60台で平均価格は595万円となっている。300万~400万円で手に入れることができる初代NSXは8台。走行距離は10万km超、修復歴ありとなかなか厳しい状況だ。

 しかし、初代NSXを購入するとき最も重要視したのは修復歴がないこと。それはオールアルミモノコックを採用しているため、修理がキチンとできないからだ。走行距離が多くても修復歴なしを狙うのがベストといえる。

◆NSXの中古車情報

今も現役! GT-Rは初期型なら400万円台も!

 これで4車種を紹介してしまったが、今回は番外編として400万円で手に入る憧れのクルマとして現行型R35型GT-Rを紹介したい。

 中古車の価格帯は400万~2090万円と幅広いが、デビュー時の新車価格777万~834万7500円だったGT-Rも400万円台で手に入れられるようになっているのは紹介しないわけにはいかない。

 流通台数は195台で400万~500万円の間で購入できる物件は46台もある。日本が誇るスーパースポーツカーも夢ではなくなっているのだ。

◆GT-Rの中古車情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jqx*****|2018/11/08 06:49

    違反報告

    車そのものは減価償却で値段は下がりますが、部品代については下がりません。
    新車時に高額な車については部品代も高額ですので、先の事を考えておかないと間違いなく「安物買いの銭失い」になるでしょう。
    勿論決め方については人其々ですので反対はしませんが。
  • hyp*****|2018/11/08 06:36

    違反報告

    BMWは故障も多いから、中古しか買えない人が手を出す物でないと思う…汗
  • tsu*****|2018/11/08 06:54

    違反報告

    10年以上前、1度NSXを買おうかと中古300万円台のH3年式ATを考えたが諦め、H12年式のS2000にした。S2000は楽しかったけど、今でもNA1は欲しい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します