現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ自動運転カップ、2018年のテーマは「緊急車両に進路を譲れるか」…1/8スケールの Q2 で競う

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.7

アウディ自動運転カップ、2018年のテーマは「緊急車両に進路を譲れるか」…1/8スケールの Q2 で競う

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディ(Audi)は11月6日、「アウディ自動運転カップ2018」で使用する自動運転テストカーを発表した。1/8スケールのアウディ『Q2』だ。

「アウディ自動運転カップ」は11月12~14日、ドイツ・インゴルシュタットの「アウディ自動車ミュージアム」で開催される。アウディが製作したテストカーをベースに、8チームがそれぞれ自動運転のアルゴリスムを開発する。センサーからのデータを解析し、状況を正確に把握して、自動運転車を制御するための独自のソフトウェアアーキテクチャーを開発し、その性能を競う。

    アウディe-tronは次世代プレミアムに相応しい乗り味。日本勢ではアウトランダーPHEVが近い

アウディ自動運転カップ2018で使用する自動運転テストカーには、フロントカメラ、反転カメラ、レーザースキャナ、超音波センサーなどが搭載されている。

今年の自動運転テストカーは、よりインテリジェントになっているという。自己学習のアルゴリズムは、困難な交通状況を迅速に解析するのに役立つ。自動運転プロトタイプ車は、レーザースキャナとフロントカメラから得た情報を分析し、これを評価して走行する。

レース用周回路で遭遇する諸条件の中で、ミスを減らしながら、最短のタイムで走行することが求められる。周回路の設計には、公道で実際に遭遇する条件が反映されており、その中で自動的に障害物を避け、交通標識を認識し、他の車両が次々と横切る交差点を無事に通過して、前を走る車両がある場合は、安全な車間距離を保持することも必要だ。

今年は、緊急車両への対応が重要なテーマとなる。例えば、緊急車両がフラッシュライトやサイレンを作動させながら接近している場合、自動運転テストカーは停止し、交差点では常に進路を譲る必要がある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します