現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ日本じゃない? 日本車なのにアメリカで伝統の車種を復活発表する理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.7
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本もだが北米ではより伝統の車名として認識されている

 2018年、ホンダがハイブリッドカー「インサイト」を復活させた。日本での発表・発売は2018年内とアナウンスされているが、すでに北米ではローンチ済み。また、トヨタは世界中でティザー的にチラ見せさせてきた「スープラ」を2019年始のデトロイトオートショーにて世界初披露させることを発表している。いずれも、発表・発売の仕方から想像できるように北米市場をメインターゲットに、そこから世界へ向けて展開していくモデルだ。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン