現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スマートに使いこなす、新型アテンザ、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.6

スマートに使いこなす、新型アテンザ、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドや車種の個性が表れるのは、デザインやメカニズムだけとは限らない。例えば、収納スペースもそのひとつ。ユーザーが少しでも使いやすいように創意工夫が凝らされている。そのこだわりをチェックしてみた。2018年5月に大幅改良を受けて登場した、最新のアテンザを取り上げる。

 2002年に初代モデルが登場した「アテンザ」。3代目にあたる現行型は2012年に登場し、マツダのフラッグシップに位置付けられている。ボディはセダンだけでなく、最大で1648ℓ(VDA方式)を誇る荷室を備えるワゴンも用意されている。エンジンは、2.0ℓもしくは2.5Lのガソリンエンジンと2.2ℓディーゼルターボの3種類で、ディーゼルエンジン車には6速MTを備えるなどマニアックな側面も持つ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

使い手の所作の美しさにも配慮

 デビューこそ2012年まで遡るが、小まめなアップデートで質感および実用性は新鮮さを失っていない。2018年5月に施された大幅改良でインテリアはインストルメントパネルやドアトリム、さらにはシートのデザインまでもが刷新。収納スペースは使いやすさにこだわり、欲しい所に欲しい収納が設けられているため、スマートな振る舞いとともに気兼ねなく使える。なお、大幅改良でリヤセンターアームレストに小物入れと充電用USB端子が備わり、後席乗員の快適性も向上している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dai*****|2018/11/07 10:56

    違反報告

    「総チェック!! 」と言いつつカタログのコピペレベルの記事しか書けないのか。
  • mrd*****|2018/11/07 16:41

    違反報告

    後ろの収納スペースは良いですね。フロントはグローブボックスやセンターコンソールボックスがろくに入らないサイズなのが残念ですね。グローブボックスにダンパーなんていらないでしょ。なければその分収納スペース増えるのに…これじゃあ車検証とか取説とか入れたらあとなんてポケットティッシュとかの小物しか入らないですよ…センターコンソールボックスもUSBジャックとかで半分スペース犠牲になってるから手帳くらいしか入らない…でもデザインは良いと思います。車にいろんなものを収納している人には向かない車ですね。僕もそのひとりです(笑)
  • xch*****|2018/11/08 00:41

    違反報告

    ルーフレール標準装備で綺麗にまとまってるのが凄い。もちろん記事にある内装も前後にあるUSBやらシートヒーターやらもフラッグシップ感出ててステキ。欲を言えばプレマシーで有ったカラクリシートも何かの車種で進化させて欲しい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します