現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ZMP、4眼ステレオカメラ RoboVision3のPCI Express対応版ユニットを発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.6

ZMP、4眼ステレオカメラ RoboVision3のPCI Express対応版ユニットを発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZMPは、最大150m、水平100°の検出範囲の自動運転用ステレオカメラ「RoboVision3」とPCI-Express(x4)に対応したフレームグラバ同梱ユニットの販売を開始する。

RoboVision3は、イメージセンサに最新のソニー製車載向け高感度CMOSイメージセンサIMX390を採用した広角&望遠ステレオカメラ。従来は難しかった交差点右折時の遠方からの対向車の検出や、交差点右左折時の歩行者や車両など広範囲な検出を可能にする。HDRとLED信号のフリッカー抑制の同時処理が可能であり、ADASや自動運転で重要な認識や判断機能の大幅な向上が期待できる。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

今回、画像を高速に取得するため、PCI-Express(x4)を採用し、振動・衝撃に強いXMC規格に準拠したフレームグラバを同梱。これにより1936x1096ピクセルの4枚の24bit画像を最大30fpsで計測用コンピュータへ送信できる。

オプション製品として、計測用コンピュータ(組み込み用コンピュータ)も選択でき、フレームグラバがコンピュータへ搭載された状態で納品、購入してすぐに画像の取得や距離計測が行える。

価格は220万円(税抜)。11月6日より受注開始、12月より納品を開始する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します