現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界中でトーンダウンした燃料電池車の現在と中国の野望

ここから本文です

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rex*****|2018/11/06 20:01

    違反報告

    何事も継続は力なりだよ。
    初代プリウスが出たときも、「環境には良いかもしれんが、こんなもの普及するわけがない」と言われていた。
    でも今じゃプリウスはハイブリッドカーの代名詞で、その血はセンチュリーからヴィッツまで幅広く受け継がれている。
    そして、MIRAIはプリウスで培った技術の延長線上にある。
    インサイトだって機構は違えど、ホンダのハイブリッド車の根幹を成しているし、お互い諦めてはダメだ。
  • brf*****|2018/11/06 20:25

    違反報告

    EVにしろFCVにしろ価格が高価過ぎる.少なくとも現今の半値以下であれば,おおいに普及するが,現状問題点とすればこの価格では普及しない.リチュムイオン電池にしろ,水素ステーションも高価過ぎての内容が普及の前進を妨害する.
  • kyo*****|2018/11/06 21:48

    違反報告

    何しろ、水素を作る段階で発生するCO2量が、使う段階で削減できるCO2量を大幅に上回ってますからなあ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します