現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機、300ccエンジン搭載のLMWプロトタイプを出展へ…EICMA 2018

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.6

ヤマハ発動機、300ccエンジン搭載のLMWプロトタイプを出展へ…EICMA 2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は、11月8日に開幕する「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)に、300cc水冷エンジンを搭載するLMWコミューターのプロトモデル『3CT』を出展する。

ヤマハ発動機は成長戦略のひとつとして「ひろがるモビリティの世界」を推進しており、フロント2輪が特徴のLMWはその中核を担う技術のひとつ。2014年の『トリシティ125』を皮切りに、高速道路の走行が可能な『トリシティ155』(2017年発売)、845ccエンジンを搭載したLMW初の大型スポーツモデル『ナイケン』(2018年発売)と、ラインアップをひろげてきた。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

3CTはLMW機構を搭載したスポーツコミューターのプロトモデル。旋回時の優れた安定感をはじめとするLMWの特長と、300ccエンジンの組み合わせで、スポーティかつ快適な平日のコミューティング、週末のファンライディングを提案する。

なお同社ブースでは、3CTのほか、689cc並列2気筒エンジンを軽量ダブルクレードルフレームに搭載したアドベンチャーモデル『テレネ700』、サイドケースやヒートグリップなどの各種装備を搭載し、長距離走行の快適性をより高めた『ナイケンGT』なども出展する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します