現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 川崎重工、JERAより船舶運航管理支援システム「SOPass」を初受注

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.5

川崎重工、JERAより船舶運航管理支援システム「SOPass」を初受注

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工は、船舶運航管理支援システム「SOPass」を株式会社JERAより初めて受注したと発表した。本システムは、同社が用船する計4隻のLNG運搬船に搭載される。

 SOPassとは、Ship Operation and Performance analysis support system
No頭文字、今回受注した「SOPass」は、衛星通信を介して船舶から取得したリアルデータと川崎重工が持つ船舶に関する工学的知見をICT/IoT技術を用いて融合し、船舶の運航管理に有益な情報を提供するサービスだ。船舶の各種性能解析や、省エネ運航に寄与する最適航路計算に加え、業界初となるLNG運搬船向けLNG貨物の管理最適化機能を有している。
 さまざまな種類の船舶への搭載が可能で、最適な運航航路の提案や、荷役部・機関部の運転状況を可視化することによって、より経済的で安全な運航に寄与する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「SOPass」は、2017年7月に三井物産株式会社が用船するLNG運搬船向けに初受注した後、三井物産向けにこれまで計7隻分を受注している。2018年4月より実船運用を開始し、三井物産より高い評価を得ています。今回のJERA向け4隻分の受注により、受注累計は計11隻分となった。

 川崎重工は、ビッグデータを活用した船舶管理マーケットの拡大ならびに多様化する顧客ニーズへの対応のため、22018年9月に、船舶海洋部門にIoT事業推進部を発足させ、「SOPass」を含むIoT・ビッグデータ等を活用したソリューションビジネスの拡充および体制強化を図っている。


■船舶運航管理支援システム「SOPass」の特長
(1) クラウドサーバーに蓄積した航海時の燃料消費量や気象情報、船体の状態などの各種データを分析、学習することで、様々な種類の船舶に対して、安全かつ最少燃料消費量となる運航が可能な航路を提案するとともに、燃費や船速、メンテナンス管理などに関する将来予測の自動レポーティングも可能で、運航 コストの低減や安全性の向上を実現する。

(2) LNG運搬船に特化した業界初の機能として、輸送中に自然蒸発する天然ガス(ボイルオフガス)を管理し、燃料消費量が最少となる航路や最適なヒール量(バラスト航海中に冷却用冷媒および航海用燃料としてカーゴタンク内に残すLNG量)での運航を提案することが可能。

(3) 顧客ニーズに合わせた機能の選択が可能。

(4) 公的な第三者機関である一般財団法人 日本海事協会の100%子会社である株式会社シップデータセンターと協力し、プライベートクラウドサーバーを起ち上げることで、情報漏洩やコンピューターウィルスによる被害への対策等、強固な守秘・情報管理体制による情報漏洩防止対策を施している。

(5) 新造船のみならず、既存船舶への対応も可能であり、汎用性に優れている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します