現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 個人間カーシェア エニカ、開始3年で会員17万人・登録車数6000台を突破

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.3

個人間カーシェア エニカ、開始3年で会員17万人・登録車数6000台を突破

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNAが提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、サービス開始3周年を記念してインフォグラフィック「データで見るAnycaの今」を公開した。

エニカは、クルマを使わない間にシェアしたいオーナーと、必要な時に好みのクルマを使いたいドライバーをマッチングする、新しいカーシェアサービスとして、2015年9月にサービスを開始。これまで17万人以上が登録し、700種、6000台超のクルマが登録されている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

インフォグラフィックによると、登録車の都道府県別台数は、東京都が2000台を超えて圧倒的に多く、次いで神奈川県・大阪府と主要都市圏が多い。また、登録車の中で最も高価なクルマはBMW『i8』で2000万円台。以下、ポルシェ『911』(1912万円)、日産『GT-R』(1870万円)が続いた。対して、最も古いクルマはジャガー『XK』で1954年。新旧様々なクルマがエニカで体験できる。

なお、エニカではカーシェアの料金をオーナー自身で設定できるが、休日24時間の料金は、5000円~1万2000円が54%と半分以上を占めた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します