現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル レガシィ、航続可能距離過大表示でガス欠のおそれ リコール

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.2

スバル レガシィ、航続可能距離過大表示でガス欠のおそれ リコール

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARU(スバル)は11月1日、『レガシィ』のコンビメータコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年10月2日~2018年8月2日に製造された8645台。

コンビネーションメータコントロールユニットの演算プログラムが不適切なため、燃料残量警告灯が規定の残量で点灯せず、メータ内ディスプレイに過大な航続可能距離を表示することがある。そのため、ドライバーが航続可能と認識し運行を続けた場合、ガス欠で車両が停止するおそれがある。

    ツーリングワゴンもいいけれど、絶滅危惧車の2代目レガシィセダンもチェックせよ!

改善措置として、全車両、コンビネーションメータのコントロールユニットの演算プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合は17件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します