現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ、増収増益もインドルピー安などで減速 2018年4-9月期決算

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.2

スズキ、増収増益もインドルピー安などで減速 2018年4-9月期決算

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは11月1日、2018年4月~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。増収増益となるもインドルピー安等により減速した決算となった。

売上高は前年同期比5.4%増の1兆9294億円。営業利益は同14.8%増の1985億円と増益となったが、インドルピーをはじめとする新興国通貨安の影響等により、第1四半期に比べ増収幅、増益幅が縮小する減速決算となった。経常利益はインドでの受取利息増加など一過性の要因もあり同24.3%増の2323億円、四半期純利益は同30.7%増の1362億円となった。

    初代カングーを思わせるスズキ ソリオは家庭を持つ国民の良き道具となる

四輪車事業は、昨年末に投入した『スペーシア』『クロスビー』等の新型車が貢献し、国内売上高は前年同期を上回った。海外売上高もインドでの販売増等により前年同期を上回った。四輪車事業の売上高は同5.5%増の1兆7613億円となった。営業利益は日本、アジアでの損益改善等により同14.2%増の1855億円となった。

二輪車事業は、インドでのスクーターの販売貢献等により、売上高は同1.5%増の1263億円。営業利益も同7.4%増の40億円、増益となった。

マリン事業他も、売上高は大型船外機「DF350A」の北米を中心とした販売貢献等により同11.1%増の418億円。営業利益も北米での損益改善等により同32.6%増の90億円となった。

通期業績については、第2四半期の実績を反映するとともに、販売台数見通し、為替前提等を見直しし、営業利益を3500億円(前回予想比+100億円)、経常利益を3900億円(同+400億円)、純利益を2200億円(同+150億円)に上方修正。売上高は期初予想の3兆8000億円を据え置いた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します