現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 125 Pulsion(125プルシオン) プジョー車からのDNAを継承したデザインを採用【EICMA2018】

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.2

125 Pulsion(125プルシオン) プジョー車からのDNAを継承したデザインを採用【EICMA2018】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■クルマのデザインを随所に採用しプジョーらしさを演出

 プジョーモトシクルの都市型GTスクーター「125プルシオン」は、パリモーターショー2018で発表されたプジョーモトシクルの主な新型車のひとつです。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 この小型排気量のスクーターは、14.6馬力を発生させる先進の125cc単気筒エンジンを搭載しています。

 125プルシオンは、12リットルの燃料タンクとシートの下には容量十分なトランクが確保され、フルフェイスヘルメットとジェットヘルメットの両方を収納することが可能です。

 各車体パーツは、プジョーのクルマにも採用されているデザインを踏襲しています。フロント部にあるチェッカーボード風の吸気グリルなどは、スポーティーな造形で構成されています。フロントヘッドライトはデイライトを利用しスクリーンにはプジョーのマスコットでもあるブルーライオンが配置されています。

 また、便利なスマートキーシステムによりキーレススタートが可能です。新型「125 Pulsion」スクーターは、2019年春から販売開始されます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します