現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ営業利益27.8%減、新燃費基準とディーゼル案件が影響 2018年第3四半期決算

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.1

アウディ営業利益27.8%減、新燃費基準とディーゼル案件が影響 2018年第3四半期決算

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディ(Audi)は10月31日、2018年第3四半期(7~9月)の決算を発表した。

同社の発表によると、傘下のランボルギーニやドゥカティを含めたグループ全体の売上高は、130億7400万ユーロ(約1兆6755億円)となり、前年同期の140億1700万ユーロに対して、6.7%減とマイナスに転じた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

また、第3四半期の営業利益(特殊要因調整前)は、9億1000万ユーロ(約1166億円)にとどまる。前年同期の12億6100万ユーロに対して、27.8%の減益となった。

大幅な減益となった要因は、欧州市場での新燃費基準「WLTP」の9月からの導入を前に、在庫車の値引き販売を迫られたため。ディーゼル案件に関して、ドイツ当局から科せられた8億ユーロの罰金も、収益を圧迫する要因になった。

アウディの2017年通期(1~12月)の売上高は、前年比1.4%増の601億2800万ユーロ。2017年通期の調整後の営業利益は、前年比53%増の46億7100万ユーロとなり、2年ぶりの増益だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します