現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > FCAの純利益38%減、排ガス案件が影響 2018年第3四半期決算

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.31

FCAの純利益38%減、排ガス案件が影響 2018年第3四半期決算

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は10月30日、2018年第3四半期(7~9月)の決算を発表した。

同社の発表によると、第3四半期の売上高は287億7100万ユーロ(約3兆6865億円)で、前年同期の264億1400万ユーロに対して、8.9%増とプラスに転じた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

一方、第3四半期の純利益は5億6400万ユーロ(約723億円)で、前年同期の9億1000万ユーロに対して、38%減と大幅な減益となっている。

大幅な減益となった要因は、一部ディーゼル車の排ガス案件に関して、米国司法省から巨額の民事制裁金を求められていることが大きい。

FCAの2017年通期(1~12月)決算は、売上高が前年比0.1%減の1109億3400万ユーロ。2017年通期の調整後の純利益は37億7000万ユーロで、前年比50%増と大幅に増えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します