現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ、2018年度上期連結決算の概況を発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.30

ホンダ、2018年度上期連結決算の概況を発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは2018年10月30日、2018年度上期連結決算の概況を発表した。

2018年度第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日までの6ヵ月間)の連結売上収益は、全ての事業における増加などにより、7兆8,658億円と前年同期にくらべ5.0%の増収となった。
※関連記事:ホンダ、2018年度上半期(4~9月)の四輪車 生産・販売・輸出実績を発表

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

営業利益は、インドやベトナムなど主にアジアにおける二輪車の好調な販売などによる売上変動及び構成差に伴う利益増や、コストダウン効果、前年同期に集団訴訟和解金が含まれていたことなどにより、5,138億円と前年同期に比べ21.7%の増益。
税引前利益は、6,413億円と前年同期にくらべ11.0%の増益、親会社の所有者に帰属する四半期利益は、4,551億円と前年同期にくらべ19.3%の増益となっている。

なお、連結売上収益、営業利益、税引前利益、親会社の所有者に帰属する四半期利益は、第2四半期連結累計期間として過去最高を記録した。
当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日までの12ヵ月間)の連結業績の見通しは、二輪事業の販売台数増や、各事業での体質改善が進んだことによる利益の増加と為替影響などを反映し、前回公表値より以下のとおり修正された。
売上収益は3,500億円増収の15兆8,000億円、営業利益は800億円増益の7,900億円、親会社の所有者に帰属する当期利益は600億円増益の6,750億円にいたった。

また、当第2四半期末配当金は、1株当たり28円(対前年同期4円増配)とし、年間配当金の予想は1株当たり111円(対前年度11円増配)としている。

【第2四半期連結累計期間の実績】

【2018 年度(2019 年3月期)通期連結業績見通し】

Honda 投資家情報サイト
ホンダ 関連情報
ホンダ 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します