現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本第一の開発の賜物、スバルレヴォーグ、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.29

日本第一の開発の賜物、スバルレヴォーグ、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドや車種の個性が表れるのは、デザインやメカニズムだけとは限らない。例えば、収納スペースもそのひとつ。ユーザーが少しでも使いやすいように創意工夫が凝らされている。そのこだわりをチェックしてみた。

 2014年に日本専用のステーションワゴンとして登場したことが話題を呼んだ「レヴォーグ」。日本の道路事情に合わせたボディサイズとしながら、ゴルフバッグを4セット積めるほどの大容量ラゲッジルームを備える。なお、デビューから小まめな改良が施されており、現在販売中のモデルは18年4月に改良が施されており、アイサイトのプリクラッシュブレーキの減速制御の作動タイミングが早まっている。エンジンは1.6ℓもしくは2.0ℓの水平対向4気筒ターボで、駆動方式は全車4WD。走行性能を追求した「STI Sport」も用意。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

使いやすさに配慮したシンプルな収納

 インパネ中央に陣取るナビゲーションに加えて、その上部にマルチファンクションディスプレイを配置するというスバルならではのコックピットを採用。運転中の視認性と情報把握に対するこだわりが感じられる。コックピット周りはスッキリとしているが、日常生活に困らないだけの収納は一式揃っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します