現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大阪・赤レンガ倉庫で本格的なカーオークションが開催! 貴重な出展車両の下見会は一般の人も参加可能

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.28

大阪・赤レンガ倉庫で本格的なカーオークションが開催! 貴重な出展車両の下見会は一般の人も参加可能

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州や北米のように開かれたカーオークションを開催したい

 皆さんはオークションと聞けば、どのようなもの想像するだろうか? 身近なのはポータルサイトなどが運営するネットオークション。参加したことのある人ならば理解できると思うが、見えない相手との競り合いに一喜一憂、白熱するあの感覚は興奮するし、楽しいものだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ただ、日本では何でもありのネットオークションが一般的で、本格的なオークションへの参加が認められているのは業者のみ。一般に向けては閉鎖的な環境で行われている。一方海外ではオークションはイベントとしてオープンに行われている場合も多い。とくにクラシックカーの売買は自動車文化と歴史に触れ、そしてクルマの価値を間近に感じられる極上のエンターテインメントとして定着しているのだ。

 日本でもオークションをオープンな場所で開催することで、クラシックカーの持つ魅力や価値を日本でも根付かせたい、と立ち上がったのが、トータル・オート・カンパニーとして関西を拠点にカービジネスを展開する『GLION GROUP』。2018年の11月30日(金)と12月1日(土)の2日間、同社が運営&管理する大阪市港区・赤レンガ倉庫のビンテージカー博物館「GLION MUSEUM」にて、日本最大級のクラシックカーオークション「ART HARBOR OSAK CLASSIC CAR AUCTION at GLION MUSEUM」が開催される。

 最近、日本でこうしたオープンなカーオークションが増えつつあるが、その背景の一つにコレクターの高年齢化が挙げられているからだ。クルマ趣味を楽しむコレクターが引退することはクラシックカーの価値をわかる人がいなくなるということ。そうなる前に、海外のようにオープンなカーオークションを行うことで、そのクルマが持つ歴史的な価値を多くの人に理解してもらい、後世に受け継いでもらおうというのが目的だ。

 約50年前の日産スカイラインGT-Rは数千万円の値

 また、こうしたコレクターが所蔵の愛車を処分したくても、これまで日本には個人に簡単に手放せる環境が少なかったため、自分のコレクタブルカーにどこまでの価値があるのか、ないのかが、目で見て判断できなかった。

 例を挙げると日本の至宝で日産スカイラインGT-Rは現在、約50年前の3代目のハコスカ(KPGC10)が1,500万円~、45年前の4代目のケンメリ(KPGC110)に至っては3,000万円~という相場で取り引きされているが、ほとんどが業者を仲介し、クローズなカーオークションで取り引きされている。

 ただ、クルマを知らない一般人にとってはただの古いクルマであり、その価値はまったく理解されていない。しかし、個人が気軽に出品できるオークション(一般の人が現場を見学できるようになればベスト)があれば、公正明大に価値がハッキリとする。さらに、それが公に認められることになれば、その価値は普遍的、かつグローバルなものになるはずだ。今回開催されるオークションは先に挙げた日本における自動車文化の浸透&継承と現在、クラシックカーの市場の問題を解消し、その価値を広く一般に認知させるが目的。そのため、年に数回、継続的開催を予定している。

 海外オークションの熱気が日本に上陸

 出品車両は基本1970年代以前に歴史を飾った味わいのある名車で、市販車、レーシングカーは問わない。現在、オーナーの愛情が注がれた貴重なクルマが集まりつつあるが、これにGLION MUSEUMが所蔵する博物館級のコレクションも加わり、数十台に及ぶバラエティ豊かなラインアップになりそうだ。

 取引の公正は競りによる入札価格と手数料、そして売買の場を提供する中立な立場のオークションハウスによる車両解説、事前のコンディション確認によって保たれる。そして、オークション進行は世界的にも有名なイギリスのオークションハウス「クリスティーズ」と契約するフリーランスオークショナー「ヒュー・エドミース」が取り仕切る。時代を彩ったコレクタブルカーがどのような価格で落札されるのか? 会場は欧米のオークションに負けずと劣らない熱気との興奮に包まれるはずだ。愛好家の皆さんは古いクルマを文化的に残すためにもぜひ出品いただき、エンターテインメントとして楽しんでほしい。

 また、今回は残念ながら一般来場者がオークションを見学することは叶わないが、11月23日(金・祝)~11月29日(木)に出品車両がGLION MUSEUMに勢揃いする下見会ヘの参加は可能。多くの人を魅了した世界の名車を眺め、自動車文化と歴史に触れる絶好のチャンス。なお、同時にコンテンポラリーアート(現代美術)を集めた「アートフェア」も開催。クラシックカーとアートの融合でどのような世界感が演出されるのか? こちらも期待してほしい!

■イベント概要 ART HARBOR OSAKA「CLASSIC CAR AUCTION」at GLION MUSEUM

●開催日時: 【オークション】 [EVENING AUCTION] 2018年11月30日(金)17:00~ [DAY AUCTION]   2018年12月1日(土)11:00~ ※オークションご参加は入札者(ビッダー)登録が必要 【下見会&アートフェア】 2018年11月23日(金・祝)~11月29日(木)12:00~20:00

●開催場所:GLION MUSEUM
大阪市港区海岸通2‐6‐39(赤レンガ倉庫内)

●入場料 下見会&アートフェア&ミュージアム入場料 ¥2,000 オークション入札者登録料¥30,000 ⇒ 初回参加特典 50%OFF ¥15,000 ※登録後は以降のオークションもご参加可能

●主催:ART HARBOR OSAKA実行委員会

 公式ホームページ
:https://www.artharborosaka.com 公式インスタグラム:@artharborosaka 公式フェイスブックページ:@artvarborosaka

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP GT-Rマガジン編集部 山崎真一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します