現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高温多湿な日本でカブリオレを選ぶ“粋”──メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.28

高温多湿な日本でカブリオレを選ぶ“粋”──メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“カブリオレ”は屋根が開く馬車をルーツとした4シーターオープンカーだ。そうした歴史を重んじたモデルは、いまもハードトップではなく“幌”を用いている。ところで2018年現在の日本車のラインナップを見ると、4シーターオープンカーは一つもない。冬季の日照時間が短く日光浴を大事にする欧州と、高温多湿で梅雨があってバカンスのない日本との風土の差がもっとも顕著にあらわれているカテゴリーといえるかもしれない。

このカテゴリーに注力するのはドイツメーカーだ。メルセデス・ベンツは、C/E/Sクラスクーペに、BMWは2/4/6シリーズ、アウディはA3(日本未発売)やA5にカブリオレをラインナップしている。なかでも1991年に登場した初代(124型)から現在まで、途絶えることなく作り続けているのが、メルセデス・ベンツのEクラスカブリオレだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

今回は上級グレードの「E400 4MATICカブリオレ スポーツ」に試乗した。最高出力333ps、最大トルク480Nmを発揮する3リッターV6ツインターボエンジンに、9速オートマティック「9G-TRONIC」を組み合わせ、4輪を駆動する。

最近では珍しく左ハンドルのみの設定だが、車内に乗り込むと体がすっと馴染む。近年は右ハンドル仕様でもペダル類のオフセットはずいぶんと少なくなってきたけれども、ステアリング、シート、ペダルなどのトータルバランスは、やはり左ハンドルありきで設計されているのだと感じる。

トップを閉めた状態で走り出す。3層構造になったアコースティックソフトトップは、とても静かだ。剛性感も高くミシリともいわないので、言われなければオープンカーだと気づかないかもしれない。開閉操作はセンターコンソールにあるスイッチ一つで、約50km/hまでなら走りながらの開閉も可能だ。所要時間は約20秒で渋滞時や信号待ちのあいだにでも、あっというまに完了する。試乗車のソフトトップのカラーはブラックだったが、これ以外にもダークレッド、ダークブルー、ダークブラウンがある。ボディカラーも11種類の設定があるので、その組み合わせを考えるだけでも楽しめる。

オープンにすると、フロントウインドウ上部のウインドディフレクターとシート後方に備わる整流板のドラフトストップの組み合わせによって、空気の流れを上方に跳ね上げ、室内への巻き込みが低減されている。またこれからの季節に役立つのが、シートバックに内蔵した小型セラミックヒーターによる温風で首元を暖めるエアスカーフだ。冬のオープンカーは頭寒足熱がいいというけれど、冬のマフラーが防寒に効果的であるように首まわりにしっかりと暖をとれると本当に快適だ。

ちょうど新型Cクラスの試乗会が軽井沢で行われていたので、もう一度トップを閉めてこのクルマで向かう。このV6エンジンは本当に静かで滑らかだ。9速オートマティックはもはや変速していることを感じさせない。足回りは電子制御式エアサスペンションで、車速や路面状況、乗員数や積載状況に応じて減衰力を最適化してくれるスグレモノだ。これらの振る舞いは、まさにラグジュアリーという言葉がぴったりくるものだ。

ADAS(安全運転支援システム)も、Sクラス譲りの最新のもの。先行車を追従するディストロニックも、一般道であれば再始動は3秒以内のところ、高速道路での渋滞時に自動停止した際に30秒以内であれば、先行車の動きに応じて自動発進するところまで進化した。ステアリングアシストも車線だけでなく、車線が不明瞭な道ではガードレールなどを認識するため、かなりの精度でレーンキープをアシストしてくれる。高速道路での渋滞による疲労やストレス軽減効果は相当なものだ。

軽井沢では、Cクラスのカブリオレにも試乗した。新型Cクラスの進化ぶりもマイナーチェンジとは思えないほどの内容で、軽快な走りがとても魅力的だった。正直に言えば、最近のメルセデス ベンツはC/E/Sクラスをデザインで見分けるのが難しいし、Cクラスで十分かなとも思った。

ところが帰路、このEクラスに乗りかえるとその違いを思い知る。まったりとした上質なステアリングフィール、滑らかな足さばき、そして上越自動車道では豪雨に見舞われたのだけれども、4MATICがもたらす絶大な安心感。たとえどんなにデザインが似ていようとも、Cクラスとは別物の味わいなのだ。

日本では2018年1月に発表された新型Eクラスカブリオレに先日、一部改良の手が入った。3リッターV6エンジンは最高出力が34ps、最大トルクが20Nmアップし、367ps/500Nmに。車名もE400を改め、「E450 4MATICカブリオレ スポーツ」になった。またナビやADASの操作性を向上した最新世代のステアリングに変更されている。お値段は1113万円から1141万円と28万円のアップだが、中身を考えれば妥当だろう。

ものすごい勢いで車種バリエーションを増やし、販売台数も右肩上がり、日本でも珍しくなくなったメルセデスだが、Eクラスカブリオレを選ぶセンスは一目置かれるに違いない。124型の時代から脈々と受け継がれる“粋”があると思うのだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 藤野太一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • apa*****|2018/10/28 08:57

    違反報告

    頂点じゃなくてもこんな優雅で高性能なカブリオレ、日本車には絶対真似できないだろ!
  • oku*****|2018/10/28 09:35

    違反報告

    オープンカー、一台は欲しいけどカーテンエアバッグが装備できないから、安全上買っていない。
    オープンカーでクローズ時にカーテンエアバッグが作動するクルマが出来たら検討対象になる。
  • cha*****|2018/10/29 08:25

    違反報告

    これに乗っているので記事を見つけて嬉しかった。
    Cカブはたまに見かけますがEは自分の以外一度しか目撃したことがないですね。
    車は素晴らしいの一言です

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します