現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いつ使う? ほぼ押すことのないクルマの「スイッチ」 マークは一緒でも名称はバラバラの理由

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.27

いつ使う? ほぼ押すことのないクルマの「スイッチ」 マークは一緒でも名称はバラバラの理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■見かけるけど、よく知らないスイッチたち

 クルマを普段からよく使う人でも、全く触ることのない「スイッチ」があるかと思います。また、存在はわかっていても、どのような機能のものなのか、わからないという人も多いかもしれません。いくつかスイッチの絵柄でおおよそのイメージがつくものもありますが、実際にどんな時に使うために存在しているのでしょうか。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 最近のクルマではほとんどのクルマに付いていると言えるのが「横滑り防止装置」のスイッチです。クルマが滑っているような絵柄で“OFF”と記載されていることが多いです。

 「横滑り防止装置」は、急なハンドル操作や滑りやすい路面で旋回するときにエンジン出力やブレーキ圧を制御して横滑りを抑え、クルマを安定させるシステムです。基本的に、安全装備機能のため、常にONにしておくことを推奨します。しかし、ON状態の場合、悪路のぬかるみや雪道にハマってしまうときに、エンジン出力が上がらず脱出しにくいことから解除するためにスイッチが備わっています。

 システム(スイッチ)名称は、自動車メーカー各社によって異なります。トヨタは「VSC(ビークルスタビリティコントロール)」、日産は「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」 、マツダは「DSC(ダイナミックスタビリティコントロールシステム)」と言うように、各社によって名称がバラバラなため、ユーザーへの理解度が低いことが要因かもしれません。

 現在は、国土交通省の通達により、新型生産車は2012年10月1日(軽自動車にあっては2014年10月1日)以降、継続生産車は2016年10月1日(軽自動車は2019年2月24日)以降に製作された車両から適用されています。

 次に、搭載比率が高いのが「車線逸脱警報」のスイッチで、クルマが道路の白線からはみ出している絵柄が特徴です。一般的には「レーンキープアシストシステム」と呼ばれています。

 自動車メーカーにより性能は異なりますが、基本的には道路上の白線や黄線を超えそうな場合に警報音やハンドル支援を行うものです。前走車に自動で追従するシステム「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」と一緒に機能することもあります。

 警報音がうるさい、やたらとハンドルの介入が入り運転しづらいなど、気になる方がOFFにするために存在しているスイッチになります。

 このスイッチも自動車メーカーによって名称はバラバラで、トヨタ(レクサス)は「LDA(レーンディパーチャーアラート)」「LKA(レーンキープアラート)」など、機能や車種により名称が異なっています。ホンダは「LKAS(レーンキープアシストシステム)」、マツダは「LDWS(レーンデパーチャーワーニングシステム)」としています。

■ 各社で名称がバラバラな理由とは

 さらに、最近よく見かけるスイッチは、「プリクラッシュセーフティーシステム」。衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)などに関するスイッチで、クルマがぶつかりそうな絵柄が特徴です。

 スバル・アイサイトの『ぶつからないクルマ』というキャッチコピーが有名ですが、各自動車メーカーにも同様の機能を備えたシステムが存在します。作動方法や環境は各社により異なりますが、基本的には進路上の車両を前方のセンサーやカメラで検出し、システムが衝突の可能性が高いと判断したときに、警報やブレーキ力制御によりドライバーの衝突回避操作を補助するものです。

 この機能のOFFスイッチは、たとえば地下駐車場に下る際、急で狭いスロープの壁にシステムが反応してクルマを停止させてしまい、そこから動けなくなってしまった場合などが考えられます。

 現在、世界的に衝突被害軽減ブレーキを全車に搭載する方向でさまざまな議論が行われ、2017年秋からは日本が主導とした国際会議を実施。今後、国際的なルールが制定される見通しです。

 紹介したスイッチはどれも、メーカーや車種、機能により細かく名称が違います。ユーザーにとってわかりづらく、正しい理解を妨げる要因ですが、なぜ名称がバラバラなのでしょうか。

 国内自動車メーカーの広報に尋ねると、「名称がバラバラな理由には、法整備されたタイミングや各社の機能内容があり、商標登録上の問題も多いです。また、2016年12月に国土交通省は、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全自動車(ASV)装置について、共通定義や名称を統一するという通達を出しています。ユーザーからすれば名称ぐらいは統一してほしいと思いますが、現時点ではなかなか難しい問題でもあります」と話します。

 今回、紹介したスイッチはどれも「先進安全技術」に関するものです。右ハンドルの場合、ハンドルとドアの間部分に設置されていることが多く、見逃しがちな部分にあります。

 しかし、自分のクルマに付いているスイッチは、意味のないものはなく、どれも正しく理解することで、快適に安全な運転をすることができます。そのためにも、改めてスイッチを確認してみるのも良いかもしれません。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dor*****|2018/10/27 07:44

    違反報告

    いったい何が便利で何が不便なのかわからなくなるね
  • zoo*****|2018/10/27 07:22

    違反報告

    名称はどうでもいいが、性能は統一してほしい。
    全く効果が期待できない装備はおなじような名称を使うと紛らわしい。
    どのメーカーも付けるような装備なら基準を作ってクリアさせないとユーザーも安心できない。
  • shi*****|2018/10/27 08:46

    違反報告

    名称も性能も各社バラバラでは困る。
    だからその種の安全装備設定車は、今のところ買いたいとは思わない。

    悲しい事故を減らす目的には大いに賛同するが、そもそも有資格者であるドライバーがきちんと安全に車を操作すればいいだけ。そこはもう教育しかない。
    あれこれ不必要な装備を付けて車が高くなるのも本意ではないしね。

    今の時代、極論かもしれないがドライバーの責任を車が代わりにする必要はない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します