現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > すでに完売しているマクラーレン600LTを自分好みにカスタマイズしてみよう

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.25

すでに完売しているマクラーレン600LTを自分好みにカスタマイズしてみよう

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すでにオーナーがほとんど確定しているマクラーレン600LTだが、オンライン・コンフィギュレーターで自分好みの仕様を製作できる楽しみは残されている。

 マクラーレン600LTのボディカラーは28色から選べる。ミヤン・オレンジ、シケイン・グレイ、ルミネール・グリーンの3色は600LTのデビューにあわせて登場した新色だ。インテリアはアルカンターラ系が3種類、ナッパレザー系が3種類の合計6種類のテーマから選択可能という。
 
 チーフテストドライバーのケニー・ブラックはシシリアン・イエローのエクステリアに、全面にカーボン・ブラック・アルカンターラが貼られたインテリアを選択したという。さらにカーボンファイバー・アップグレードパックとMSO Clubsport Proパックを選び、走りの性能をさらに重視した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 MSO Clubsport Pro にはカーボンファイバー製のルーフ、ルーバー付きフロント・フェンダー、超軽量レーシングシートが用意される。ケニーはさらに10スポークの超軽量アロイホイールのグロスブラックフィニッシュ、カーボンファイバー・エクステリア・アップグレード・パック3や、3台のカメラを備えたマクラーレン・トラック・テレメトリーを選択。ちなみに生粋のサーキットにフォーカスされた仕様のため、エアコン、ナビ、オーディオはあえて装備しないという。
 
 現役のレーシング・ドライバーであり、マクラーレンのブランド・アンバサダーでもあるブルーノ・セナは、ボディカラーにバートン・ブルーを、インテリアにケニーと同じカーボン・ブラック・アルカンターラを選択。さらに、ケニーと同じくカーボンファイバー・アップグレードパックとMSO Clubsport Proパックを組み合わせたそうだ。
 
 もはや、(そもそも?)購入はできないかもしれないが、オンライン・コンフィギュレーターで理想の一台を組み立ててはいかがだろうか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan GENROQ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します