現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ、ドライバーとの一体感を追求した「NSX」2019年モデル登場

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.25

ホンダ、ドライバーとの一体感を追求した「NSX」2019年モデル登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは、スーパースポーツモデル「NSX(エヌエスエックス)」をモデルチェンジし、2018年10月25日(木)より購入予約を受け付けを開始した。発売は2019年5月を予定している。


2016年8月に発表した2代目「NSX」は、卓越した運動性能と快適な操作性を誇り、「人間中心のスーパースポーツ」という初代モデルが提案したコンセプトを継承しながら、独自の電動化技術、3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」との融合により、エンジンだけでは達成することが難しい高いレベルのレスポンスとハンドリング性能を実現。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?


ホンダが提唱する“新時代のスーパースポーツ体験”を提案するクルマとして進化を続けるNSXは、今回の改良でダイナミクス性能の熟成を図り、日常からサーキットでのスポーツ走行まで、ドライバーとクルマの一体感が生み出す操る喜びをさらに追求。
またデザインにおいても、フロントまわりや各カーボンパーツの仕上げの変更により、NSXの特徴であるワイド&ローなたたずまいに磨きをかけるとともに、存在感を放つ新色「サーマルオレンジ・パール」を追加した。


メーカー希望小売価格は2370万円(消費税8%込み)。
また、特設サイトではレーシングドライバーの佐藤琢磨選手によるインプレッション動画(フルバージョン)も公開されている。
 

【概要】

・タイプ:NSX
・乗車定員:2名
・エンジン:3.5L V6 DOHC ツインターボ
・トランスミッション:9速DCT
・駆動方式:4WD(SPORT HYBRID SH-AWD)
・ボディーカラー(全8色):
 バレンシアレッド・パール(670,000円高(税込))、ヌーベルブルー・パール(670,000円高(税込))、サーマルオレンジ・パール(新色)(85,000円高(税込))、ソースシルバー・メタリック(85,000円高(税込))、カジノホワイト・パール(85,000円高(税込))、130Rホワイト、クルバレッド、ベルリナブラック
・インテリアカラー(全5色)
 エボニー、オーキッド、レッド、サドル、インディゴ(新色)
・メーカー希望小売価格(消費税8%込み):23,700,000円
 ※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれません
 ※自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクルなどに必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額
 

【主な変更点】

●走り:ドライバーとクルマの一体感が生み出す、操る喜びを追求


市街地からワインディングロード、またサーキットでの限界走行域まで、あらゆるシーンでのコントロール性や、アクセル操作におけるドライバビリティー、路面との接地感のさらなる向上を目指し、ダイナミクス性能を進化させた。
新開発の専用タイヤを採用するとともに、サスペンション各部を見直し、フロントスタビライザーを26%、リアスタビライザーを19%、リアコントロールアームブッシュを21%、リアハブを6%と、それぞれ剛性を高め、クルマとしての基本性能を向上。
合わせてNSXの魅力の一つである、走行シーンに応じて最適な車両特性を選択できる「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」の各モードの制御を最適化。
アクティブ・ダンパー・システム、VSA、EPSの各制御や「SPORT HYBRID SH-AWD」の駆動配分制御を熟成。これにより低中速域での切れの良いハンドリングと高速域での安定性を高次元で両立させ、限界走行域においても、コーナリング時の高いGでのコントロール性や車両安定性を追求している。


 
●デザイン:NSXの個性をさらに印象づける、質感の向上や新色の追加


ワイド&ローなスタイリングをより際立たせるため、フロントグリルを従来のシルバーからボディーと同色に変更したほか、フロントとリアのメッシュパーツや、オプション設定の各種カーボンパーツ※を、従来のマット仕上げからグロス仕上げに変更。
質感を向上し、シャープなたたずまいを強調した。
※リアデッキリッドスポイラーと、カーボンファイバーエクステリアスポーツパッケージに含まれるフロントスポイラー、サイドシルガーニッシュ、リアディフューザー。


スーパースポーツとしての存在感を際立たせるボディーカラーとして、新たに「サーマルオレンジ・パール」を追加。初代NSXで採用していたイモラオレンジ・パールにインスピレーションをうけながら、現在の塗装技術の活用で、より鮮やかなオレンジとして刷新。
またカーボンセラミックブレーキローター(オプション設定)にも、ブレーキキャリパーの新色としてオレンジを追加した。さらにインテリアでは、上質感ただよう新色としてインディゴ※を追加したほか、レッドを、セミアニリンフルレザーパワーシート(オプション設定)でも選択可能とした。
※オプション設定。セミアニリンレザー×アルカンターラ パワーシートで選択可。


 
●装備:アルミ製スポーツペダル&フットレストを標準装備化


これまでカーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ(オプション設定)の一部だったアルミ製スポーツペダル&フットレストを、標準装備化。


NSX(ホンダ)

ホンダ NSX 関連情報
ホンダ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します