現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニューモデル】2019モデルはどう変わる? ホンダNSXの改良モデルを発表 2018年10月25日

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.25

【ニューモデル】2019モデルはどう変わる? ホンダNSXの改良モデルを発表 2018年10月25日

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは、スーパースポーツモデルのNSXのマイナーチェンジを発表。10月25日より購入の申込みを受け付け、2019年5月に発売する。
(タイトル写真は、新たにNSXのLPLとなった水上 聡 氏)

操る喜びを追求し、ダイナミクス性能を進化

今回のマイナーチェンジでは、内外装の変更点は少ない。
フロントグリルをシルバーからボディ同色に変更したほか、前後のメッシュパーツやオプション設定のカーボンパーツを、従来のマット仕上げからグロス仕上げに変更した。
またアルミ製スポーツペダル&フットレストを標準装備化した。

大きく変わったのは、ダイナミクス性能の進化。
新開発の専用タイヤ(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)を採用するとともに、サスペンション各部を見直し、フロントスタビライザーを26%、リアスタビライザーを19%、リアコントロールアームブッシュを21%、リアハブを6%と、それぞれ剛性を高め、クルマとしての基本性能を向上している。

また走行シーンに応じて最適な車両特性を選択できる「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」の各モードの制御を最適化した。
アクティブダンパーシステム、VSA、EPSの各制御や、「スポーツハイブリッド SH-AWD」の駆動力配分を熟成した。
これにより低中速域での切れの良いハンドリングと高速域での安定性を高次元で両立させ、限界走行域においてもコーナリング時の高いGでのコントロール性や車両安定感を追求している。
エンジンやモーターなど、パワーユニットのハード部分には手を入れておらず、スペックに変わりはない。

ボディカラーには新色の「サーマルオレンジ・パール」を、インテリアカラーにも新色のインディゴを追加し、セミアニリンレザーシート(オプション)ではレッドも選択できるようになった。
価格は、2370万円(税込み)。

NSX 主要諸元

●全長×全幅×全高:4490×1940×1215mm ●ホイールベース:2630mm ●重量:1800kg ●エンジン:V6DOHC ●排気量:3492cc ●エンジン・モーター最高出力:507ps・37ps×2+48ps ●エンジン・モーター最大トルク:550Nm・73Nm×2+148Nm ●トランスミッション:9速DCT ●駆動方式:ミッドシップ4WD ●価格:2370万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します