現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 衝撃! LiDARは黒く暗い塗装の車両を検知しにくいという事実。だがアクサルタのLiDAR反射塗料がそれを解決する!?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.24

衝撃! LiDARは黒く暗い塗装の車両を検知しにくいという事実。だがアクサルタのLiDAR反射塗料がそれを解決する!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米デュポンが2012年に売却した塗料部門を継承する米アクサルタコーティングシステムズは10月17日、最新の自動車カラートレンドに関する説明会「アクサルタ・カラーショー2018」を都内で開催。このために来日した本社グローバル・カラー・マーケティング・マネージャーのナンシー・ロックハート氏はプレゼンテーションの中で、LiDAR反射塗料を開発中であることに加え、植物由来マゼンタ顔料や遮熱塗料も提案中であることを公表した。PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)

 自動運転技術が今後進化していく中で、LiDARがセンサーの一つとして普及していくものと見込まれている。このLiDARは距離を測定するため、一般的には905~1600nmのパルスレーザー光を用いているが、ボディカラーによってその反射率が異なるのだという。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 具体的には、ボディカラーがソリッドの白の車両は、正面でも斜め前方にいてもLiDARの光をキレイに反射するため検知しやすい。だが黒の車両は光を吸収するため反射光が弱くなり、LiDARが検知しにくい傾向にある。

 そのため将来的には、LiDARに検知されにくい黒系の色は事故を起こしやすいため敬遠され、検知されやすい白系の色が多く選ばれる可能性があると、ロックハート氏は指摘している。

 またシルバーは、イメージとしては光を反射しやすいように思えるが、実際には塗膜に含まれているアルミフレークが光を乱反射する性質を持つ。従ってその車両が真正面にいる場合は白と同様に検知しやすいが、角度が付くと光の反射が変化するため、LiDARにとっては検知が容易ではない色なのだという。

 こうした傾向を踏まえ、アクサルタは現在、黒やシルバーなどの色でもLiDARが検知しやすい、LIDAR反射塗料の開発・テストを進行中。「LiDARが全世界に普及してもボディカラーの選択範囲を狭めないための先行開発を行っている」ことを、ロックハート氏は公表した。

 なお、LiDARが発する光の反射率を向上させる具体策については「まだ話せる段階にはない」としながら、「プラサフ、ベースコート、クリヤーの各層において、反射率を改善していく」とのこと。また、「LiDARが車両を検知するのにどれほどの反射率が必要か、またLiDARがどれほど普及するかが分からないため、どうするかを決められないのが実情。LiDARの技術基準が世界的に統一されれば、我々もLiDAR反射塗料を開発しやすくなる」と、現状を説明している。

 そのほか、自然を好み環境に関する意識が高い「高意識的(Be Conscious)」グループに属するハイブリッドカーや小型セダンのユーザーをターゲットとして、植物由来で環境に優しくCO2排出量を削減できる、マゼンタ顔料を自動車メーカーに提案中。

 合わせて、近赤外線をよく反射する色の日射反射率をさらに高める遮熱塗料を開発。近赤外線を吸収することによる室温上昇を抑え、暑い日のエアコン負荷低減を提案していることも明かしている。

 これまで塗装の目的は素材の保護や外観の向上・識別が主となっていたが、今後自動車のボディカラーにおいては安全性向上や環境負荷低減といった機能も求められていく。そんなことを予感させるプレゼンテーションとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 遠藤正賢)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します