現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BASFとノリリスク・ニッケル社、EV向け電池材料の新工場をフィンランドに建設へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.25

BASFとノリリスク・ニッケル社、EV向け電池材料の新工場をフィンランドに建設へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BASFはロシアの非鉄金属生産企業ノリリスク・ニッケル社と提携、同社が所有するフィンランド・ハルヤヴァルタのニッケル・コバルト精錬所隣接地に欧州初の電池材料生産拠点を建設すると発表した。

今回の投資は、昨年発表したBASFの4億ユーロ(約516億円)におよぶ多段階投資計画の一環で、2018年にハルヤヴァルタで開始した電池材料の初期生産を活かしたもの。新工場は2020年後半の稼働を計画しており、BASFの電池材料により、年間約30万台のフル電気自動車を供給できるようになる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

さらにBASFは、ノリリスク・ニッケル社の金属精錬所からニッケルとコバルト原料の供給を長期的に受ける契約を締結。これにより、欧州における電池生産用原料の現地調達および確保が可能となる。

BASFは新工場建設により、すべての主要地域で電池材料の現地生産拠点を確保。今後もさらに新生産工場の建設を計画するなど、成長するEV市場へのサポートを加速させていく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します