現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車体サイズが時代に合致? ハイエースのユーザーも認めるホンダ「N-VAN」の魅力とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.25

車体サイズが時代に合致? ハイエースのユーザーも認めるホンダ「N-VAN」の魅力とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■話題のホンダ「N-VAN」のデザイナーに聞いた

 ホンダの新型軽バン「N-VAN」は、日常的に使われることはもちろん、移動販売用の店舗やバイクのトランスポーター、車中泊など様々な用途が想定されています。そんな万能モデルの開発エピソードをデザイン担当者に聞いてみました。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

「埼玉県の朝霞市にホンダの2輪R&Dがあるんですけどね。当然バイク好きが集まっている職場ですから、サーキットやオフロードコースへ行くためにトランスポーターを所有している人も珍しくなく、その多くがトヨタのハイエースです。ところが、N-VANを見せるとほぼ例外なく“コッチに買い換えたい”と言ってくれたんですよ」

 そう語るのは本田技術研究所の4輪R&Dに籍を置き、N-VANのデザインを担当した主任研究員・山口真生氏です。それを聞いた筆者(伊丹孝裕)は、おそらく疑いに満ちた眼差しを向けていたに違いありません。なぜなら2輪の仕事にたずさわっているとバイクをトランスポーターに積み込むことは日常であり、他ではそう簡単に代えの効かないハイエースの使い勝手のよさをよく知っているからです。

「いや、ホントなんですよ。もちろん車体サイズが異なるため絶対的な積載量はかないませんが、みなさんに協力してもらって空間検証をしたところ、N-VANにはCBR1000RRやCRF450Rを筆頭にかなりのモデルが積載可能でした。で、その時にいろいろと聞いて分かったのが、実はハイエースの大きさがアダになるケースも少なくないということだったんです」と話す山口氏。

 これは一体どういうことかというと、一般的に趣味のスポーツ走行なら積載する荷物はそれほど多くなく、子どもがいる家庭でもある程度成長するとサーキットに一緒に行く機会はグンと減るのが現実。だとするとN-VANで充分コト足りるケースがほとんどだからです。反対に、ハイエースだとそのサイズがネックになって奥さんが運転を嫌がったり、税金や燃費にまつわる維持費の問題もあってメリットばかりとも言えないというわけです。

■快適な移動を実現するためにシートデザインに時間を掛けた

「もちろん積載に関しては、トランスポーター以外にも徹底的にリサーチを行いました。意外だったのは、一定の荷室容量さえあれば、あとはユーザー任せでいいと気づかされたことです。というのも、例えばコンパネのような資材は床に敷くよう積めることを第一に考えていたのですが、実際には“そんなのは縦だろうが横だろうが入ればいい。それよりも快適に移動できるようにしてほしい”という声が多く、それを受けてシートの設計には時間を掛けました。これまで軽バンを乗り継いできたユーザーなら座ってもらうだけでN-VANの価値を分かって頂けると思いますよ。ドライバーの高齢化も進んでいるため、人に優しい運転環境を目指しました」(山口氏)

 そうした配慮は運転席以外のシートも同様のようです。助手席はウレタンに頼らず、スプリングを採用することによって快適性を向上。後部座席に関しても、従来の軽バンが体育座りのようにお尻で体重を支える構造だとしたら、N-VANは低床設計のメリットを活かして下半身全体にそれを分散できるように工夫するなど、着座感へのこだわりが随所に見られます。

「それにN-VANはハンドリングもいいんです。背が高いため、一見不安定に見えるでしょう? でも車体の重心点と空力点(空気の力が集中する場所)がほぼ一緒の位置にあり、高速走行時も横風に強いことが特徴です。こういう形状のクルマの場合、空力点は高い位置にあるのが普通。だからグラグラするんですが、N-VANは見た目よりもずっと低いところにそれがあり、なんならサーキットも走れます」(山口氏)

 こうして積載性からシート設計、ハンドリングまで幅広く語ってくれた山口氏は、デザイナーとして様々なアイデアを凝らしたモックアップを多数作り、社内でプレゼンを繰り返してきたそうです。

「N-VANはクルマというよりなんにでも使える“箱”のようなもの。だからこそ、ユーザーの工夫次第で無限の可能性があると思います。アイデアの大半はお蔵入りしたものばかりですが、これからもどんどん提案していきますよ。魅力あるクルマを手に入れ、それが新しい世界の入り口になれば最高じゃないですか。そのためにもまず我々が夢を思い描かないと。採算の話? それは後でいいんです(笑)」(山口氏)

 軽バンと言えば実用ありきのイメージもありますが、山口氏にとってのそれは趣味の世界を広げてくれるためのツールでもあります。普段は4輪にはあまり興味のない2輪界の人達がN-VANに強く反応したのも、そういう匂いを感じ取ったからに違いありません。

 その意味で実にホンダっぽいというか、ホンダだからこそ作れたクルマが「N-VAN」と言ってもいいでしょう。ユーザーをワクワクさせてくれる、今後の展開にも期待したいところです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 伊丹孝裕)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • roa*****|2018/10/25 07:56

    違反報告

    これ写真騙されるな。外に出てるバイクは250で中に入れてるのは150なんだもん。サイズ全然違う
  • pas*****|2018/10/25 07:51

    違反報告

    これ買う人って、箱バンとか、本格的に使ったことがない人だろうな。
    軽自動車枠の軽トラ、箱バンや、ハイエース、軽自動車四駆のジムニー、に長くマニアが着いて残るのは、その「絶対性」。
    軽自動車で荷物を効率よく積むとなれば軽トラ、箱バンに勝るものはないし、山や川原の「極狭」を含む悪路をオールマイティーに使えるとなればジムニーに勝るものはない、、その「この車じゃないとムリだから」っていう絶対性。
    このホンダには、特に絶対性がある訳じゃない。
    結局、使い方を知ってる人は、箱バンでしかムリ。
    要は、そんなに使う用事がない人達が、売り文句に感化されて、あまりリアルな利用シーンもわからないまま、買ってるだけ。
  • tog*****|2018/10/25 08:25

    違反報告

    トヨタ車乗りは他のメーカーの車に乗るな。
    どうせマナーもルールも守らず事故を起こして周りに迷惑かけるだけ。死ぬならトヨタ車で一人で死んでくれ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します