現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 札幌市電の新型低床電車『シリウス』は10月27日にデビュー…通常運行は10月29日以降に

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.24

札幌市電の新型低床電車『シリウス』は10月27日にデビュー…通常運行は10月29日以降に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌市交通局は10月27日、札幌市電の新型低床電車1100形1101号『シリウス』の運行を開始する。

『シリウス』は、連接タイプのA1200形をベースにした単車タイプの車両で、車内はすべてロングシート化して通路幅を拡大。乗車口から降車口までフラットな構造となっているのが特徴。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

10月27・28日は臨時電車として運行され、時刻は外回りが中央図書館前10時発、内回りが中央図書館前14時05分発(28日は13時58分発)。ともに循環運行で2周して中央図書館前に戻る。

通常運行は10月29日以降となるが、運行日や時刻は不定としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2018/10/25 11:44

    違反報告

    どうして低床車のデザインは欧米風なのでしょうか???
    ヨーロッパの車両メーカーから輸入しているなら仕方なくも、今では日本メーカーが手掛けているのに外観デザインはヨーロッパの街並みを走っていそうなデザイン。
    目新しさや日本古来の外国かぶれ?憧れ?からなのか多くが絶賛意見だと思われるが、個人的には日本の街並みにはミスマッチとしか思えないのだが。
    過去から日本中を走り回っている路面電車のデザイン踏襲した低床車も作れますよね???

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します