現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニューモデル】レクサス ESが、世界初!デジタルアウターミラーを搭載してフルモデルチェンジ!

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.24

【ニューモデル】レクサス ESが、世界初!デジタルアウターミラーを搭載してフルモデルチェンジ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月24日、レクサスのアッパーミドルサルーンのESが7代目にフルモデルチェンジされ、日本発売を開始した。世界初採用のデジタルアウターミラーなど、最先端の安全技術を採用している。
(タイトル写真は、レクサス・インターナショナルの澤プレジデントと、榊原チーフエンジニア)

まずは3グレードで登場。F スポーツも設定!

レクサスESは、1989年に初代(カムリがベース)デビュー以来、6代で世界累計220万台を販売している、レクサスの中核モデルだ。そして新型ESは、フラッグシップであるLCやLSに続く新世代レクサスのラインアップである。

低重心のGA-Kプラットフォームの採用により、ワイド&ローのプロポーションを実現するとともに、フロントピラーの後方配置やリアピラーの傾斜で、引き締まったキャビンシルエットを創出している。

フロントマスクは、シャープなノーズを強調する形状のスピンドルグリルに小型の3眼LEDヘッドランプを組み合わせる。タイヤの踏ん張り感を強調する造形のリアは、3つのL字を層状に重ねた奥行きあるデザインのコンビネーションランプが特徴的だ。

インテリアは、程よい包まれ感でドライビングの高揚感を高めるコクピットと、乗員がくつろげるゆとりある空間を融合させた。水平基調のインパネからドアトリムまで連続する構成で、空間の広がりを表現している。

ドライビングポジションは細部にこだわったレイアウトとし、リアシートは広いフットスペースによる開放感と、包み込まれるような安心感を両立している。

パワーユニットは、2.5Lの直4エンジン+モーターのハイブリッドのみ。新型のトランスアクスルやPCUの採用により、圧倒的な燃費性能はそのままに、ダイレクトな加速フィーリングも実現している。

ESの発表前に公開されたデジタルアウターミラーをはじめ、高度運転支援機能である「Lexus CoDrive」を含む予防安全パッケージ「Lexus Safety Package +」も採用している。

また、専用の内外装パーツを与えられたスポーティバージョン「F スポーツ」も、ESとしては初めて設定されている。

価格は、ES300hが580万円、同 Fスポーツが629万円、同 バージョンLが698万円。既に先行受注は始まっており、10月24日現在で対計画比6倍の2200台のオーダーが入っているという。

レクサスES300h バージョンL 主要諸元

●全長×全幅×全高:4975×1865×1445mm ●ホイールベース:2870mm ●重量:1730kg ●エンジン:直4DOHC ●排気量:2487cc ●エンジン・モーター最高出力:178ps・120ps ●エンジン・モーター最大トルク:221Nm・202Nm ●トランスミッション:電気式無段変速 ●駆動方式:横置きFF ●価格:698万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2018/10/24 21:33

    違反報告

    このクルマが世界市場で売れるわけは、LSと同等の押し出し感のあるスタイリングで、それなりに充実した内装でありながら、LSの半額で買えることがウケているのだろう。
  • gao*****|2018/10/24 23:57

    違反報告

    スピンドルグリルが唯一似合うなぁ〜。

    何故だろう。バランスなのかな?

    デザインは凄くカッコ良い。

    変なサイドミラーは要らないけど。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します