現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タフギアの魅力を凝縮、スバルXV、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.22

タフギアの魅力を凝縮、スバルXV、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドや車種の個性が表れるのは、デザインやメカニズムだけとは限らない。例えば、収納スペースもそのひとつ。ユーザーが少しでも使いやすいように創意工夫が凝らされている。そのこだわりをチェックしてみた。

 2010年に初代モデルが登場し、2012年に2代目がデビュー。現行型は2017年に登場した3代目となる。「インプレッサ」と同じく新プラットフォーム「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」を採用しているが、「XV」は見た目から分かるようにSUVでありアウトドアでの活躍も担う。パワートレーンは1.6Lと2.0Lの水平対向4気筒に加えて、直近の改良で2.0L水平対向4気筒+モーターの「e-BOXER」が加わった。駆動方式は全車4WDで、一部のグレードを除いて「X-MODE」を搭載し、悪路走破性を高めている。もちろん、アイサイトと歩行者保護エアバッグは全車標準装備。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

ステッチでアクティブな雰囲気を演出

 「XV」のインテリアは基本的に「インプレッサ」と共通。スイッチ類のレイアウトや収納スペースに違いはない。ただし、インパネやシートに入るステッチ(オレンジまたはブルー)がアクティブなキャラクターを感じさせてくれる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します