現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バブルの名車が集結!「トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル in明治神宮」が11月17日に開催

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.21

バブルの名車が集結!「トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル in明治神宮」が11月17日に開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年はバブル期に登場した名車がズラリと展示!

平成最後の開催となる、毎年秋の名物イベント「トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル in明治神宮」が11月17日(土)に開催される。パレードランや企画展示が行われ、多くの人で賑わう一大イベントだ。今年は平成元年に登場した各自動車メーカーの名車が勢揃いする予定。入場無料で、開催時間は10時から15時30分までとなっている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

100台以上のクラシックカーが東京の秋の名所「明治神宮外苑いちょう並木」や銀座、日比谷といった観光地にもなっている地域でパレードラン。距離は約11kmと、秋のドライブを楽しむにはちょうど良い距離となっており、参加する側も見学する側も、毎年楽しみにしている方も多い。

2018年の企画展示会場となる明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前の特設会場には「Japanese Vintage Year 1989」をテーマに、自動車メーカー5社から懐かしのクルマが展示される。展示予定車は下記の通りだ。

・1990年式 スバル・レガシィ ツーリングワゴン ・1991年式トヨタ・セルシオ ・1989年式ニッサン・スカイラインGT-R(R32) ・1990年式ホンダNSX ・1989年式ユーノス・ロードスター

また、乗車して記念撮影できるクルマも3台用意される。1台は、1908年から1927年まで製作されたフォード モデルT。約19年間で1500万台以上製造され、のちに登場するVWビートル(タイプI)が登場するまで記録を破られることがなかった自動車の歴史において重要な1台だ。

もう1台は、ドイツでメルセデス・ベンツよりも安価で高性能と評価された1937年式ホルヒ853、さらに美しいボディデザインとフロントに搭載された直6エンジンが魅力的な1967年式ジャガーEタイプ・ロードスターも用意されるというのだから、この機会にぜひ写真に収めてほしい。

なお、イベントはこれだけの貴重な車両が勢揃いするにも関わらず、雨天決行を予定している。ぜひとも平成最後の思い出に訪れてみてはいかがだろうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します