現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ビギナーだけにはもったいない──ドゥカティ 新型スクランブラーに試乗

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.20

ビギナーだけにはもったいない──ドゥカティ 新型スクランブラーに試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1960年代にドゥカティが販売していたデュアルパーパスモデル「スクランブラー」が復活したのは2014年のこと。現代に蘇ったスクランブラーは、発売されると瞬く間に大ヒットモデルとなり、次々と派生モデルが誕生した。スクランブラーシリーズは、ドゥカティのなかで最も販売台数の多いモデルとなったのである。

そして2018年の今年、スクランブラーシリーズの兄貴分として「1100」が登場した。さらにスクランブラーの基準モデルである「アイコン」をブラッシュアップ、その発表に合わせてイタリア・シエナで行われた新型スクランブラー アイコンの試乗会に参加してきた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

まず、気になるスタイリング。タンクカバーのデザインを変更し、マフラーサイレンサーとプロテクターは形状を変更。ヘッドライトやウィンカーのLED化……、そして、それら以外にもホイールのデザインやシフトペダルの変更、ブラック塗装したエンジンなど、細かい変更を施している。しかし、それらは決してスクランブラーの印象を大きく変えるようなものではなかった。

ところが、実際に走り出してみると、スクランブラーは驚くほどに激変している。そもそもスクランブラーは、ほかのドゥカティのマシンとはポジションが異なり、細かいことは気にせず、とにかく自由に楽しく! といったキャラクターのマシンだ。そのキャラ通り、気楽にライディングできるところが魅力であった。

とはいえ、気になるところがないわけではなかった。旧型モデルはシートの座り心地自体は悪くなかったが、少し距離を伸ばすととたんにお尻が痛くなる。そこで新型はシートの厚みを増し、内部のスポンジを変更したことによって、座り心地が大幅に向上した。ただし、18mmほど高くなったシート高が気になるところではあったが、実際にまたがってみれば、身長が165cmの僕でも、そのポジションに不安は一切感じなかった。

ドゥカティらしさを良い意味でも悪い意味でも感じるのが、低速域でのエンジンのしつけ具合だ。旧型はスタート時のクラッチワークとアクセルワークのコンビネーションが悪く、市街地で多用する回転領域では、ややギクシャクするきらいがあった。

しかし、エンジンマネージメントを改良した新型は、動き出しが拍子抜けするほどスムーズになっている。これはクラッチをワイヤー式から油圧式に替えて、操作性が軽くなったことも影響しているかもしれない。

これにより街中でのゲタ的扱いに億劫さがなくなった。低速域のコントロール性があがったことにより、つながりがスムーズになり、上の回転領域では、ドゥカティらしいパワフルな吹け上がりが味わえる。ここも大きな進化のポイントといえる。

そして今回の改良で最も進化したのが、足回りの設定である。荷重設定が高め、つまり走り始めはややそっけなく、速度が上がるにつれて仕事をし始めるようなフィーリングがドゥカティらしさでもあるのだが、新型スクランブラーは、ファーストコンタクトがとてもフレンドリーになっている。単純にソフトになったのではなく、足回りの動きの質がワンランクアップしているのだ。同時に、ライダーへのフィードバックが増えているから安心感も確実に高まっている。

また、ハードに走る際には奥で踏ん張るプログレッシブな設定で、マニアックな要望にも対応している。間口が広がったうえで懐も深くなった印象を受ける。

コーナーリングABSを装備し、ファッションバイク的なイメージながら、安全性をしっかり確保していることも嬉しいポイントだ。そのほかにもブレーキレバーの調整機構やスマホとリンクするメーターなど、細かいアップデートを重ねている。

スクランブラーはビギナーに勧められるパッケージングのマシンであったが、これまで荒削りだった箇所をしっかり磨き上げ、より幅広いライダーにフィットするマシンへと進化している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 鈴木大五郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します