現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最高時速292キロ! ポルシェ「パナメーラGTS」の新型モデルが発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.18

最高時速292キロ! ポルシェ「パナメーラGTS」の新型モデルが発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■新たなパナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ

 ポルシェAGは、2018年10月16日に「パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ」を発表しました。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 今回、発表された「パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ」は、エクステリアをブラックアクセントで仕上げているほか、20インチのパナメーラデザインホイールを標準装備。よりスポーティな演出を作り出しています。

 インテリアには、アルミニウムパーツやブラックアルカンターラをさまざまな部分に使用し、パドルシフトを備えたアルカンターラ仕上げの多機能スポーツステアリングを標準装備。

 さらに、コネクトプラスモジュールでは、多くのデジタルサービスを展開。オプションの「インテリアパッケージGTS」では、タコメータ、ステッチバリエーション、GTSロゴなどさまざまなデザイン要素をさらにカスタマイズできます。また、パナメーラシリーズでは初採用となるヘッドアップディスプレイもオプション選択可能です。

 パワートレインは、4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高出力460PS、最大トルク620Nmを発揮し、0km/h-100km/h加速は4.1秒です。最高速度は「パナメーラGTS(292km/h)」、「パナメーラGTSスポーツツーリスモ(289km/h)」とアナウンスしています。

 トラクションは、8速PDKデュアルクラッチトランスミッションと四輪駆動システム「ポルシェトラクションマネージメント」により、効率よく路面に伝わります。

 また、サスペンションは快適性とパフォーマンスを兼ね備え、3チャンバーテクノロジーを備えるアダプティブエアサスペンションは、柔軟な制御とスプリングレートの最適な拡散が可能です。通常モデルより車高は10mm低くなり、ポルシェアクティブサスペンションマネージメントはスポーティチューニングが施され、ブレーキローターも大型化(前390mm、後365mm)しています。

 ポルシェ伝統の「GTS」を名乗る第2世代「パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ」の日本導入や価格は未定です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します