現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車:中国でエンジン現地生産開始及び研究開発拠点の拡大

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.16

三菱自動車:中国でエンジン現地生産開始及び研究開発拠点の拡大

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車は16日、広州汽車集団、三菱商事、三菱自動車による車両生産・販売合弁会社である広汽三菱汽車が、湖南省・長沙市の新エンジン工場で4B4エンジンと4J1エンジンの生産を開始したほか、2020年に完成予定の研究開発センターの起工式を執り行ったことを発表した。

 年間生産能力20万基(標準稼働ベース)を有する新エンジン工場では、中国で発売するSUV『エクリプス クロス』に搭載する、環境性能の高い1.5ℓダウンサイジング直噴ガソリンターボエンジン(4B4エンジン)を、日本以外の国で初めて生産する。さらに現地生産を行っているSUV『アウトランダー』に搭載する4J1エンジンも国産化する。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 三菱自動車は世界最大の市場である中国においてエンジンを国産化することでコスト競争力を高めるとともに、さらなる市場競争力の強化を図る。新工場では従業員の新規雇用のほか、部品の現地調達などに伴う現地部品メーカーへの経済波及効果も見込まれる。

 三菱自動車は現地の販売網・販売力の強化に取り組みながら同社のSUVブランドを強化するため、『エクリプス クロス』を今秋に市場投入し商品ラインナップの拡充を図る。また、競争激化ならびに環境規制が厳しくなる中国において、テストコースを含む敷地面積41ヘクタールを有する新設研究開発センターへ移転拡大することを長沙市と合意した。開発面においても現地の市場ニーズに合った技術開発機能を強化し、中国事業を拡大していく。

【広汽三菱汽車有限公司の概要】2018年9月末現在
設立/営業開始:2012年9月25日
所在地:中国 湖南省 長沙市
資本金:19.47億元(広州汽車50%:三菱自動車30%:三菱商事20%)
主要役員:董事長(会長)陳 茂善/総経理(社長)葛城慎輔
車体工場生産能力:27万台/年
エンジン工場生産能力:20万基/年
敷地面積:101ヘクタール
従業員数:約4,100名
販売会社数:331社
生産車種:三菱自動車ブランド 『ASX(日本名:RVR)』『アウトランダー』/広州汽車ブランド『祺智(チーツー)』『祺智EV』

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します