現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 広汽三菱:中国で新型電気自動車『祺智EV』の生産を開始

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.16

広汽三菱:中国で新型電気自動車『祺智EV』の生産を開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車は、広州汽車集団、三菱商事、三菱自動車による車両生産・販売合弁会社である広汽三菱汽車が、湖南省・長沙市で電気自動車(EV)の新型SUV『祺智(チーツー)EV』の生産を開始すると発表した。

『祺智EV』は、北京、長沙、広州、深セン、杭州、天津など12の主要都市で今月より販売を開始し、その後中国全土に展開する計画。広汽三菱では、現地生産のプラグインハイブリッドEV(PHEV)の新型SUV『祺智』の本格的な販売を本年3月から開始したが、今回、『祺智EV』を生産・販売することで、更なる電動車両の普及を目指すとともに、電動車技術の現地化推進に貢献する。

『祺智EV』は、410km(中国燃費測定基準)の航続距離を有し、電気自動車の力強いトルク、SUVの快適性並びに室内の広さを兼ね備え、先進的で環境に優しいSUVとして13.58万元(日本円で約220万円。新エネ車補助金の受給後)から購入できる。

 三菱自動車の益子修CEOは「『祺智』の投入に引き続き、『祺智EV』を現地生産することは、広汽三菱にとって重要な出来事であり、中国のお客様のニーズや中国の自動車産業に貢献する役割を担うことになります。三菱自動車は、中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」の中で重要市場のひとつと捉えている中国事業でさらなる拡大を図ってまいります」とコメントした。

 3年間の中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」で三菱自動車は、中国において2019年度までに販売台数と販売店舗数を2016年度比で倍増させる計画。また、同社の強みである四輪駆動車や電動車両などの商品ラインナップ拡大と合わせて、中国の自動車市場で持続的な成長の達成に向けた事業基盤の強化に取組んでいく。広汽三菱は、三菱自動車の販売および生産拠点として重要な役割を担う。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

【 広汽三菱汽車有限公司の概要 】2018年9月末現在
設立/営業開始:2012年9月25日
所在地:中国 湖南省 長沙市
資本金:19.47億元(広州汽車:50%、三菱自動車:30%、三菱商事:20%)
主要役員: 董事長(会長) 陳 茂善/総経理(社長) 葛城 慎輔
工場生産能力:27万台/年
敷地面積:101ヘクタール
従業員数:約4,100名
販売会社数:331社
生産車種:三菱自動車ブランド 『ASX(日本名:RVR)』『アウトランダー』/広州汽車ブランド『祺智(チーツー)』『祺智EV』

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します