現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ミラーレスにAIを組み込んだUKCの提案 …CEATEC 2018

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.16

ミラーレスにAIを組み込んだUKCの提案 …CEATEC 2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エレクトロニクス商社のUKCホールディングスはCEATEC 2018に出展し、AIによる物体認識機能を搭載したカメラモニタリングシステムを発表した。

カメラモニタリングシステムとは、自動車のルームミラーやサイドミラーと組み合わせるカメラ・モニターのシステムで、今回の新製品ではAIによる物体認識機能を搭載した。いま注目が集まっている自動車のミラーレスシステムに組み込むものだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

このシステムは、カメラ・ディスプレイ・ECUの3つのデバイスで構成されている。カメラにおいては、ソニー製の車載向け高感度CMOSセンサー「IMX390」を採用した。LEDフリッカー抑制とHDR(ハイダイナミックレンジ)性能に優れたCMOSセンサーだ。ディスプレイは、車載実績のある台湾CPTから調達した。

そしてECUは、メインボードにザイリンクスのFPGAを搭載し、エッジ側で推論のAIを走らせる。物体を認識するAIは、協力会社であるディジタルメディアプロフェッショナル社が開発した。

同社執行役員 グローバル・デバイス事業本部 技術部門長 の西芝久徳(にししば ひさのり)氏は、同製品の狙いを説明した。

「パートナーであるソニー、CPT(台湾)、ディジタルメディアプロフェッショナルと、トータルソリューションを提供していく。UKCとしては、IoTからAoE(AI on Everything)の時代へと移行していくと考えている。こういったソリューションを、FA(ファクトリーオートメーション)やADAS(先進安全運転支援システム)に展開していきたい。」

今後の製品展開については、「ミラー系のTier1部品メーカーと組んで、自動車メーカーに提案していきたい。すでにTier1とは話を始めている。当社も車載開発の経験はあるのでノウハウを活用していく。来年1月のカーエレクトロニクス技術展に試作品を展示し、サンプルは2月から出荷する予定。」(西芝氏)とのことだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 佐藤耕一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します