現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデスベンツ CクラスPHEV車、電気配線ショートで火災に至るおそれ リコール

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.16

メルセデスベンツ CクラスPHEV車、電気配線ショートで火災に至るおそれ リコール

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は10月16日、『Cクラス』のプラグインハイブリッド車「C350e」および「C350eステーションワゴン」の電気配線に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年7月10日~2016年12月17日に輸入された457台。

電気配線において、部品組み付け時の作業指示が不適切なため、車両フレームに電気配線が干渉しているものがある。そのため、走行時の振動等で被覆が削れ、車両フレームにショートし、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

改善措置として、全車両、電気配線と車両フレームの干渉状況を点検し、干渉がある場合は適切な配策へ修正。被覆が削れている場合には、電気配線を新品に交換する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報により届け出た。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します