現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > PHEVは譲るべき? EV乗りに白い目で見られる急速充電器争奪戦のマナーとは

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.15

PHEVは譲るべき? EV乗りに白い目で見られる急速充電器争奪戦のマナーとは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 燃料でも動けるPHEVは譲るべきという主張もある

 EVやPHEVといった外部充電(プラグイン)によって走ることのできるクルマが増えてきている。そして、車両の増加に伴い、ここ数年のプラグイン車両界隈で話題になっているのは、休日のサービスエリアなどにおける急速充電器の使い方におけるマナーだろう。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

「CHAdeMO(チャデモ)」と呼ばれる日本発の規格に則った急速充電施設は、プラグイン車両を販売しているメーカー系のディーラーや高速道路のサービスエリア・パーキングエリアを中心に確実に増えているが、インフラ整備を上まわる勢いで車両が増えているエリアもある。そうした地域では、急速充電器に待機列ができることも珍しくない。

 そして、現時点で急速充電器を使うクルマは日産リーフなどのEVと、三菱アウトランダーPHEV、トヨタ・プリウスPHVなどのPHEV車両が存在する。前者のEVは充電がなくなってしまうと(これを「電欠」と呼ぶ)まったく動けなくなってしまうが、PHEVはエンジンで発電することもできるし、高速道路ではエンジンメインで走るモデルもある。

 そうしたメカニズム的な理由から、高速道路のサービスエリアなどでPHEVが急速充電器を使っているとEVオーナーから「どうせガソリンで走っているのだから充電器をゆずって欲しい」という声が上がっているという。

 実際、電欠寸前でそこで充電する以外に選択肢のないEVに対して、バッテリー充電量が不足しているといってもエンジンで走ることのできるPHEVが充電器を占領してしまっているような状況は絵面として反発したくなる感情は理解できる。

 一方で、PHEVについていえばバッテリーの電力を使うことで燃費を稼ぐという設計になっているクルマもあり、オーナーからすると「ガソリンだけで走るのは燃費(経済性)の面から不利で、せっかくPHEVを買ったメリットが享受できない」という気持ちになってしまうのも、また事実だろう。

 いずれにしても、急速充電を利用できる車両が増えてくれば充電器の争奪戦が起きてしまうのは仕方がない。最近では、公共の充電器において充電が終了しているけれどオーナーが車両に戻っていないときは、充電コネクタを抜いて他のクルマに利用するといったマナーも生まれているようだが、あくまでローカルルールの範囲にとどまっている。

 根本的な解決策としては充電インフラの整備が進むことを期待するしかないが、「充電待ちのクルマがいるときには必要なぶんだけ充電したら、次のクルマに譲る」、「充電中は自車から離れず(充電終了のタイミングで戻るように工夫して)、充電が完了したらすぐに移動する」といったマナーを徹底するなどして、プラグイン車両仲間として互いに気持ちよく、充電設備を使いたいものだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 山本晋也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します