現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「HONDAシャトル」2015年6月放映 (2015年5月ブランニュー/2017年9月一部改良)

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.14

【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「HONDAシャトル」2015年6月放映 (2015年5月ブランニュー/2017年9月一部改良)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モーターマガジンMovieで10年以上に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。これまでにモーターマガジンMovieで試乗したクルマは250台を超え、トータルの再生回数も4800万オーバー(2018年10月現在)。このコーナーでは、過去の試乗から最新のものまで逐次紹介していきます。彼女の試乗記のアップデート付集大成としてもお楽しみください。

派生モデルから一本立ちした超経済モデル

シャトルという車名を聞いて、シビックやフィットをその前に付けたくなる人、結構多いのではないでしょうか。2015年5月に新たに誕生したこのシャトルは、これまでの派生から脱却した記念すべき1台なのです。

大きな特徴は、5ナンバーサイズのステーションワゴンとして最大級の荷室容量(5名乗車時570L)を有していることです。この辺り、竹岡さんの評価もかなり高いものがありました。他にユニークにして便利な小物置きマルチユースバスケットや小回りのよさにも注目していました。

現行のシャトルは、2017年9月に一部改良が行われて、安全支援技術ホンダセンシングが全車に標準装備されました。また、定評の低燃費がエンジンのチューニングでさらに磨きがかけられ、ハイブリッドモデルでクラストップの34.4km/リットル(JC08モード)を実現しています。

シャトルHYBRID X Honda SENSING主要諸元表

全長×全幅×全高=4400×1695×1545mm
ホイールベース=2530mm
車両重量=1220g
エンジン= 直列4気筒DOHC1.5L
最高出力=81kW(110ps)/6000rpm
最大トルク=134Nm(13.7kgm)/5000rpm
モーター最高出力=22kW(29.5ps)/1313-2000rpm
モーター最大トルク=160Nm(16.3kgm)/0-1313rpm
駆動方式=FF
トランスミッション=7速AT

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tam*****|2018/10/14 17:04

    違反報告

    ミッションはいまいちだが(ホンダさんごめんなさい)
    パッケージは上手く作り込んである
    高速は100Km/hで巡航していても不満なし(1500ccとは思えない)センシグも高速が苦手と言う人には頼りになるし機械好きにはたまらない
    先代もそうだがワンボックはデカくてやだ
    けどコンパクトカーでは荷物が積めない
    って言う人にはビッタリの1台です
  • sor*****|2018/10/14 13:59

    違反報告

    ホンダの悪い癖、何か都合が悪いと
    名前をすぐ変えたがる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します