現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エヌビディアの最新AIコンピュータ、自動車メーカーが車内での自動運転技術の検証を可能に

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.12

エヌビディアの最新AIコンピュータ、自動車メーカーが車内での自動運転技術の検証を可能に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エヌビディア(NVIDIA)は10月10日、最新のAIコンピュータ「DRIVE AGX」によって、自動車メーカーが車内での自動運転技術の検証が可能になると発表した。

DRIVE AGXは、高度に統合された自動車向けAIコンピュータ。エヌビディアによると、DRIVE AGXには世界初の自動運転用内蔵プロセッサの「NVIDIA Xavier SoC」を採用。安全重視で設計されたNVIDIA Xavier SoC には、冗長かつ多様なアルゴリズムを実現するために、6つの異なるタイプのプロセッサを内蔵しているという。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

また、DRIVE AGXプラットフォームは、市販車レベルの自動運転のためのパフォーマンス機能を持つ。「DRIVE AGX ペガサス」コンピューティングプラットフォームでは、ラップトップサイズで、60台以上のコンピュータのパフォーマンスに匹敵する性能を実現した。

DRIVE AGX開発キットにより、自動車メーカーは自動運転システムの開発の合理化が可能に。「DRIVE Hyperion」には、DRIVE AGX ペガサスの開発プラットフォームが含まれており、自動運転用の7台のカメラ、8台のレーダーとオプションのライダー、ドライバー監視用のセンサー、ローカリゼーション用のセンサーおよびその他のアクセサリーがセットされている。DRIVE Hyperionを使用することにより、開発者はエヌビディアのDRIVEソフトウェアを体験し評価することができる、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します