現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジャガーのEV『I-PACE』、人工走行音発生装置を開発…速度や進行方向で音が変化

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.12

ジャガーのEV『I-PACE』、人工走行音発生装置を開発…速度や進行方向で音が変化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガーカーズは10月11日、ジャガー初の市販EVの『I-PACE』向けに、人工的な走行音発生装置、「AVAS」を開発した、と発表した。

ジャガーI-PACEのEVパワートレインは、電気モーターを前後アクスルに搭載し、4輪を駆動。2個のモーターは合計で400psのパワーと、71kgmのトルクを引き出す。I-PACEは0~100km/h加速4.8秒のパフォーマンスを実現する。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は90kWh。DC100kWの急速チャージャーを使えば、バッテリーの80%の容量をおよそ40分で充電可能、100km走行分であれば、およそ15分で充電できる。

    ジャガー初の量産EV、I-PACEを日本導入。航続距離470kmで価格は959万円から

ジャガーカーズは今回、ジャガーI-PACE向けに人工的な走行音発生装置「AVAS」を開発したと発表。AVASは視覚障害者をはじめ、すべての歩行者や自転車などとの衝突事故を減らす目的で開発された。

AVASは20km/h以下の速度で作動し、フロントのスピーカーから走行音を発する。世界で最も厳しいとされる欧州の法律で求められる最低56dB(A)を超えるサウンドを開発した。

ジャガーカーズのエンジニアは、無響室やさまざまな都市など、いくつかの環境で発生する音をテスト。警告音は、車両の速度に応じてピッチや音量が増加し、車両の進行方向が変わると追加の音を発生する設計、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zoo*****|2018/10/12 16:33

    違反報告

    EVの時代になるにはこういった「走行音」に対する整備も必要だろう。
    特に耳が遠くなる高齢者にも聞き取りやすく心地良い音でなければ騒音になってしまう。
    そしてメーカーごとにこだわりの音を付けるなら、混ざり合った時の聞きやすさ対策も。
  • syu*****|2018/10/12 19:32

    違反報告

    どうせなら、V12気筒のカン高いエグゾーストが響くようにすべき!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します