現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東芝インフラシステムズ:東京メトロ丸ノ内線新型車両2000系向けに電気品を納入

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝インフラシステムズは、東京地下鉄株式会社が2019年2月から運行を開始する予定の丸ノ内線新型車両2000系に、新たに開発したAll-SiC(炭化ケイ素)素子適用のVVVFインバータ装置・全閉式永久磁石同期電動機・リチウムイオン二次電池「SCiBTM」を適用した非常走行用電源装置を組み合わせた駆動システム等を納入した。現行丸ノ内線02系と比較して約20%の消費電力量削減が見込まれる。なお、All-SiC素子適用のインバータ・全閉PMSM・「SCiBTM」を適用した非常走行用電源装置を組み合わせた駆動システムは世界で初めての導入事例。(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン