現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SUBARUの電動化が止まらない──ハイブリッドモデルのSUBARU XV Advance新登場!

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.11

SUBARUの電動化が止まらない──ハイブリッドモデルのSUBARU XV Advance新登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SUBARU インプレッサ」ベースのクロスオーバーSUV「SUBARU XV」に、新しくSUBARU独自のハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載した「Advance」が設定された。このシステムは現行フォレスターに次ぐ採用だ。

先代のSUBARU XVにもハイブリッドモデルは設定されていたが、新型はこのシステムの進化版。大きく異なるのがバッテリー。先代がニッケル水素電池だったのに対し、新型はリチウムイオン電池になった。

    これはイマドキのスニーカーのようなSUVだ!──スバル新型フォレスター「e-BOXER」試乗記

この「e-BOXER」は電圧の低いモーターを使う「マイルドハイブリッド」で、発進や低速走行時こそモーターのみで走るが、それ以外のシーンではエンジンの補助的役割に徹する。

とはいえ、モーターのアシストによって、よりスムーズな加速と燃費の向上が期待できる。事実、JC08モード燃費は同じ2.0リッターガソリンを搭載するガソリンモデルが16.0km/Lであるのに対し、マイルドハイブリッドモデルは19.2km/Lに向上している。

加速については試乗前で分からないが、「e-BOXER」を搭載したフォレスターに限って言えば、ガソリンモデルに対して明確に力強かった。フォレスターより車重が90kg軽いSUBARU XVであればさらに力強い加速を味わえるだろう。

しかも、マイルドハイブリッドは構造がシンプルなため、既存モデルに展開しやすく、かつそれゆえのコストの上昇も大きなものではないという。昨今、SUBARUのみならずスズキやメルセデス・ベンツなど多くのメーカーが積極的にマイルドハイブリッドを採用する背景には、そんな事情がもあるようだ。

Advanceは、内外装に多数の専用装備を備える。エクステリアは、専用のLEDハイ&ロービームランプとフロントフォグランプや、クロムメッキのフロントグリル、「e-BOXER」のオーナメントなどを装備。ボディカラーも新たに「ラグーンブルー・パール」を用意した。

インテリアは、ブルーステッチをあしらった本革シートや、本革巻きステアリングホイール&シフトレバーを装備する。

また、SUBARU自慢の先進安全装備群「アイサイト(ver.3)」には、新たに後退時自動ブレーキシステムとサイドビューモニターを追加。安全性能をさらに高めた。

駆動方式は4WDのみ。価格は282万9600円と、ラインナップ中もっとも高いものの、ガソリンモデル(2.0リッター)との価格差は約13万円(2.0i-S EyeSightが270万円)に抑えられている。モーターの効果は限定的かもしれないが、この価格差ならガソリンモデルと比較・検討する余地は大いにあると言えるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 稲垣邦康(GQ))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します